男子日本代表

男子日本代表

2022/08/30

男子日本代表、沖縄アリーナでカザフスタンに25点差快勝 – FIBAワールドカップ2023アジア地区予選Window4

 沖縄アリーナで8月30日に行われたFIBAワールドカップ2023アジア地区予選Window4の日本対カザフスタンの一戦で、男子日本代表が73-48で快勝を収めた。

 

河村勇輝は躍動感あふれるプレーでチームを勢いづけた(写真©FIBA.WC2023)

 

 前半はやや重い展開となり27-27。しかしニック・ファジーカス(川崎ブレイブサンダース)のフリースローで先行した第3Qは、トランジションで富樫勇樹(千葉ジェッツ)のパスを受けた井上宗一郎(サンロッカーズ渋谷)の3Pショットなどで14-2のランを展開し、一気に41-29と主導権を握る。その後も河村勇輝(横浜ビー・コルセアーズ)を中心としたアグレッシブなディフェンスからのトランジション・オフェンスが爆発。ワールドカップ本番の会場となる沖縄アリーナは日本の戦いぶりに大いに沸いた。

 

 試合後コート上で行われたインタビューでは、馬場が後半の攻勢を“河村劇場”と評する場面もあったが、7アシスト、5スティールの河村はコート上の空気を瞬時に変えるような存在感を見せ、勝利に大きく貢献していた。


日本     73(14 13 22 24)
カザフスタン 48(13 14 10 11)
日本のトップパフォーマー
西田優大(シーホース三河) 13得点、フィールドゴール成功率60.0%、2リバウンド、2アシスト、2スティール
馬場雄大(フリーエージェント) 11得点、5リバウンド、3アシスト、2スティール
ニック・ファジーカス(川崎ブレイブサンダース) 8得点、8リバウンド、2アシスト、3スティール、1ブロック
河村勇輝(横浜ビー・コルセアーズ) 7得点、2リバウンド、7アシスト、5スティール

井上宗一郎(サンロッカーズ渋谷) 9得点、3P成功率50.0%(6本中3本成功)、3リバウンド、3スティール、1ブロック

比江島 慎(宇都宮ブレックス) 8得点、フィールドゴール成功率50.0%、7リバウンド

 

トム・ホーバスHC率いる日本代表初参戦のニック・ファジーカスも存在感を示した(写真©FIBA.WC2023)


 日本はこの勝利でワールドカップ予選通算成績が3勝5敗となり、現在グループFの5位。チームとしては、ディフェンス面の威力が増しトランジションオフェンスで得点を重ねられている一方で、この日は3P成功率が20.0%(35本中7本成功)の精度が今一つ不安定だ。またシューティングだけでなく、全般において練習で発揮できている本来のパフォーマンスを試合で即座に発揮できることも、この日を見る限り“宿題”のようにも感じる。2次予選の残り4試合で登録メンバーは試合ごとに変わっていくかもしれないが、これらの要素をきっちり仕上げ、安定感のある戦いをしていきたいところだ。本番までは残り1年を切っている。

 

Window4初戦のイラン遠征には同行しなかったトム・ホーバスHC。この日は夏を締めくくる勝利を手にすることができた(写真©FIBA.WC2023)


(月刊バスケットボール)

  • インカレ2022JSPORTS速報
  • マグダビッドx福岡第一
  • FL-UX
  • NOBIRUNO
  • かみすバスケットボールフェスタ
  • ザムスト×正智深谷
  • ウィンターカップ2022
  • インカレ2022
  • 全中2022
  • インターハイ2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内