女子日本代表

女子日本代表

2021/08/13

銀メダル女子バスケ日本代表、報奨金は一人500万円

プレーヤーには規定額に加えて特別報奨額もプラス。スタッフへの支給もあり、チーム全体の努力が公正に評価された印象だ(写真/©fiba.basketball)


 東京オリンピックで日本のバスケットボール界として初の銀メダル獲得を成し遂げた女子日本代表チームに対する報奨金について、8月12日の公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)理事会で議決・承認が行われた。それを受け、報奨額に関して13日に以下のとおり発表があった。

 

〇プレーヤー12人: 500万円/人
 ※報奨金規程に定められた額300万円/人に特別報奨金200万円/人を加えた額

 

〇チームスタッフ12人: 200万円/人
 ※対象者は、ホーバス トムHCを除くチームスタッフ11名および佐藤晃一部JBAスポーツパフォーマンス部会長

 

 佐藤部会長は、故障者の長期的なリハビリ活動の担当者として、今オリンピックでのチームの躍進に多大なる貢献をしたことが認められ授与対象となった。また、ホーバスHCについては、ヘッドコーチ契約に従い別途授与することが明かされている(ただし契約内容は個人情報のため、金額等詳細は非公表)。

 

■三屋裕子JBA会長コメント

 

 日本バスケットボール界としてオリンピック初の銀メダルを獲得した女子日本代表チームに対する報奨金について理事会にお諮りした結果、日本バスケットボール界にとって 『金メダル』 級の快挙であったことについてご賛同をいただき、特別報奨金を含む、上記報奨金の授与が決定いたしました。

 

 選手・スタッフに対する敬意を、少しでも形にできたことを、心より嬉しく思います。

 

 ホーバス HCが評したように、今回のチームはスーパースターこそいませんでしたが、まさに チーム一丸となった結果の 『スーパーチーム』 でした。バスケットボールをプレーする子どもたちの目標として、またご声援・ご支援くださる多くのステークホルダーの皆様に愛される存在として、女子日本代表チームがますますの活躍を見せてくれることを期待しています。


文/柴田 健(月バス.com)
(月刊バスケットボール)

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内