アンダーカテゴリー

アンダーカテゴリー

2021/08/04

5人制U19女子日本代表、8月7日(土)からFIBAワールドカップ2021(ハンガリー大会)

 5人制女子バスケットボールのU19日本代表が、8月7日(土)から15日(日)にかけてデブレツェン(ハンガリー)で開催されるFIBA U19女子ワールドカップ2021に出場する。公益財団法人日本バスケットボール協会(JBA)は、それに先立つ8月3日、同大会出場メンバー12人を発表した。

 

 FIBA U19女子バスケットボール・ワールドカップは、16チームが4つのグループに分かれてリーグ戦を行うフォーマットで、日本代表はカナダ代表、チェコ代表、マリ代表と同組のグループD。グループラウンドで16チームのシード順を決め、その後全16チームがノックアウト方式の決勝トーナメントと順位決定戦を戦う。

 

 今大会に向けた代表選考と強化は、昨年度中の今年3月に、19人の候補メンバーによる合宿で始動していた。最終メンバー12人の平均身長は176.7cm、平均体重は71.4kg。どちらも東京オリンピック代表チーム(175.6cm、68.1kg)を上回っている。

 

前回大会はベスト8

 

2019年大会のU19女子日本代表(写真/©fiba.basketball)

 

 2019年に行われた前回大会での日本代表は、東京オリンピック代表に選出された東藤なな子(トヨタ紡織サンシャインラビッツ)、NCAAディビジョンIの強豪ルイビル大で今春全米8強入りを果たした今野紀花らを擁しベスト8に進出している。金メダルを獲得したのはアメリカ代表(8回目)。オーストラリア代表とスペイン代表がそれぞれ銀、銅メダルを手にした。

 

 個人成績では東藤がフィールドゴール成功率(51.5%、6位、3P成功率(36.8%、8位=愛知学泉大学の石牧 葵とタイ)と2部門で大会全体のトップ10に入っていた。

 

前回大会での東藤。個人成績2部門でトップ10入りする活躍を見せていた(写真/©fiba.basketball)

 

☆FIBA U19女子バスケットボールワールドカップ2021グループラウンド組み合わせ
※カッコ内の数字はFIBAガールズランキング

 

グループA: アメリカ(1)、イタリア(5)、オーストラリア(7)、エジプト(25)
グループB: ハンガリー(8)、ロシア(6)、チャイニーズタイペイ(33)、アルゼンチン(16T)
グループC: スペイン(2)、フランス(3)、韓国(18)、ブラジル(12)
グループD: カナダ(4)、チェコ(9)、日本(11)、マリ(16T)


FIBA U19 女子ワールドカップ 日本代表チーム

 

■スタッフ
※プロフィールは役職、氏名、所属
チームリーダー 庄子梢枝 JBA
ヘッドコーチ 藪内夏美 JBA
アシスタントコーチ 佐久本 智 ENEOSサンフラワーズ
アシスタントコーチ 石川幸子 日立ハイテク クーガーズ
スポーツパフォーマンスコーチ 佐藤晃一 JBA
トレーナー 志村愛美 愛美鍼灸治療院
トレーナー 山本愛乃 SOL整形外科
マネージャー 高木歩幸 JBA
テクニカルスタッフ 梅津ひなの JBA

 

☆プレーヤー
※プロフィールは背番号、氏名、ポジション、身長(cm)/体重(kg)、生年月日(年齢)、所属(出身地、出身校)

#0 山田 葵(YAMADA, Aoi) PG 166/61 2003/02/10(18) 新潟県 筑波大学1年(新潟県、東京成徳大学高校)
#1 江村優有(EMURA, Yua) PG 160/60 2002/12/04(18) 早稲田大学1年(長崎県、桜花学園高校)
#2 林 真帆(HAYASHI, Maho) SG 174/69 2002/02/22(19) 東京医療保健大学2年(神奈川県、岐阜女子高校)
#5 塩谷心海(SHIOTANI, Kokomi) PF 178/78 2002/01/06(19) 大阪人間科学大学2年(埼玉県、大阪薫英女学院高校)
#9 荻田 美(OGITA, Miyu) SG 175/70  2002/09/13(18) 筑波大学1年(京都府、京都精華学園高校)
#10 舘山萌菜(TATEYAMA, Mona) SF 177/70 2002/11/06(18) 白鷗大学1年(北海道、札幌山の手高校)
#14 平下愛佳(HIRASHITA, Aika) SF 177/71 2002/01/14(19) トヨタ自動車アンテロープス(愛知県、桜花学園高校)
#17 三田七南(SANTA, Nana) SF 178/72 2002/10/02(18) ENEOSサンフラワーズ(新潟県、昭和学院高校)
#36 粟谷真帆(AWATANI, Maho) C 182/75 2002/12/06(18) 筑波大学1年(茨城県、八雲学園高校)
#42 田中平和(TANAKA, Ufuoma) C 181/76 2002/02/10(19) 白鷗大学2年(埼玉県、桜花学園高校)
#52 松本新湖(MATSUMOTO, Niko) PG 166/65 2002/12/06(18) 東京医療保健大学1年(三重県、岐阜女子高校)
#75佐藤多伽子(SATO, Takako) SF 176/66 2002/07/19(19) 白鷗大学1年(栃木県、桜花学園高校)


文/柴田 健(月バス.com)
(月刊バスケットボール)

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内