3×3日本代表

3×3日本代表

2021/07/25

富永延長劇的決勝レイアップ! 3×3男子日本代表歴史的五輪初勝利

是が非でもほしかった結果を一つ手にした3×3男子日本代表。メダルに向け期待が膨らむ(写真/©fiba.basketball)


 7月24日に開幕した東京オリンピックの3×3バスケットボールで、男子日本代表は初日からいきなり2試合の延長戦を戦い、そのうち2試合目の対ベルギー戦で劇的かつ歴史的な勝利を手にした。オリンピック史に残る3×3初勝利を全員の力でもぎ取った日本代表。決勝レイアップを決めたのは富永啓生(ネブラスカ大学)だった。


<男子日本代表第1戦>
1点リードの延長戦、逆転ツーピースに屈す

 

ブラウンは大会のハイライトに入りそうな豪快なダンクも披露。群を抜く力強さを見せていた(写真/©fiba.basketball)

 

 保岡龍斗(秋田ノーザンハピネッツ/SEKAIE)、ブラウン アイラ(大阪エヴェッサ)、落合 知也(越谷アルファーズ/TOKYO DIME.EXE)の3人のスターターでこの試合に臨んだ日本代表は、女子の初戦と同じく序盤やや固さが見られ、0-4と劣勢に立たされた。保岡、落合の、普段ならまず入るだろうレイアップが惜しくも入らない。


 しかし、富永がドライブから日本代表初の得点を決めると、ブラウンがそれに続いた。さらにはブラウンからのポケットパスを受けた富永のレイアップが決まり、ブラウンの2Pショットが成功した残り7分13秒には、5-5と試合を振り出しに戻すことに成功した。その約30秒後にはブラウンが豪快なウインドミル・ダンクで日本に今大会初めて6-5とリードをもたらす。

 

 しかしポーランドは離されずついてきた。それどころか、じりじりするような接戦からマイケル・ヒックス、パベル・パブロウスキーが2Pショットを2本ずつ決め、残り4分1秒で日本代表を9-16と再び厳しい状況に追い詰める。

 

 後がない日本代表だったが、ここから粘りを見せた。落合の鋭いパスを左コーナーで受けた富永の2Pショットが反撃の口火。保岡もミドルジャンパーを沈め、富永からのお返しのパスで落合もレイアップを流し込む。

 

 残り時間38秒、富永が再び落合との連係からドライビング・レイアップを決め17-18。この場面で、トップでボールを持ったヒックスが、ブラウンのプレッシャーに対しターンオーバーを犯す。ボールは再び日本代表に戻ってきた。日本代表は続くオフェンスで落合と保岡の連係がうまくつながらずターンオーバーのお返しをしてしまう。

 

 落合が悔しそうな表情を見せる。しかし日本代表は崩れなかった。次のオフェンスで相手のミスショットのリバウンドをがっちり落合がつかみ獲ると、残り9秒、ブラウンが同点のレイアップ。18-18で迎えた返しのディフェンスでは、保岡がヒックスのドライブに対し体を張って阻止してみせた。

 

延長戦の先制ゴールなど、落合はリーダーシップに加えて動きも良く好判断でもチームの力になっていた(写真/©fiba.basketball)

 

 延長戦。2点先取した方が勝ちという非常にプレッシャーのかかるルールの下、日本代表ボールで試合が再開された。富永の2Pショットが相手のディフェンスに阻まれる。しかしそのボールを拾った落合が延長の先制ゴールを決め19-18。相手は8ファウルで一つでもファウルが獲れればペナルティーでフリースローも得られる。ここにきて有利な状況となった日本代表は、保岡がオープンルックのランニングフローター。良い軌道かと思われたこのショットは、しかし、リムに弾かれてしまう。ボールを奪ったヒックスはペリメーターで待つプシェミスワフ・ザモイスキに矢のようなパスを飛ばした。クローズアウトに向かう落合をフェイクで交わしたザモイスキの2Pショットは、日本代表から見れば無情にも、ネットを揺らし試合終了。日本代表の初戦勝利の夢は打ち砕かれた。


日本(1敗)19-20ポーランド(1勝)
保岡龍斗 3得点、6リバウンド、1キーアシスト
富永啓生 7得点、3リバウンド、1キーアシスト
ブラウン アイラ 7得点、5リバウンド、2キーアシスト
落合知也 2得点、5リバウンド、1キーアシスト


※キーアシスト=制限区域内の見方プレーヤーに得点に有利な状況を生み出すラストパス

  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 3x3日本代表、激闘の軌跡
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内