アンダーカテゴリー

アンダーカテゴリー

2022/07/14

U17女子日本代表、強豪スロベニア倒して8強入り – FIBA U17女子ワールドカップ2022

 グループラウンドを終えたFIBA U17女子ワールドカップ2022は、7月13日に準々決勝進出決定戦(ラウンドオブシックスティーン)が行われ、U17女子日本代表がスロベニアと対戦した。スロベニアはグループラウンドで、日本がU16アジア選手権決勝で敗れたオーストラリアを87-80で倒した強豪チーム。しかし日本は前半を32-26の6点差で折り返すと、第3Q終了時点で11点差までリードを広げる優位な展開を維持し、最終クオーターのスロベニアの猛攻をしのいで64-58で勝利し、今大会のベスト8入りを決めた。

 

今大会の8強入りを決めたU17女子日本代表(写真/©FIBA.U17WWC2022)

 

 2日前のグループラウンド最終戦では、ベルギーを相手に55-53とリードしていた残り3分以降に2-7の逆転ランを食らって敗れる悔しい思いをした。しかしこの日は、終盤スロベニアのゾーンに苦しみながらもよいところで東 紅花(福岡大学付属若葉高校2年)、柴田柑菜(京都精華学園高校3年)、佐々木杏花(柴田学園大学附属柴田学園高校3年)らの3Pショットで得点をつなぎ、ディフェンスでもインテンシティーを下げることなく戦って逃げ切った。


 日本は準々決勝で優勝候補のアメリカと対戦する。アメリカはU16アジア選手権銅メダリストの韓国を114-29という一方的な展開で下して8強入りしたチームだが、日本の若者たちがひるまず全力でぶつかる姿に期待だ。勝てば準決勝は、2試合目で敗れたハンガリーとカナダの勝者が相手となる。

 

ゲームハイの6アシストを記録した三次真歩。決勝トーナメントでの活躍も期待される(写真/©FIBA.U17WWC2022)

 

☆FIBA U17女子ワールドカップ2022大会準々決勝進出決定戦、日本試合結果
日本    64(16 16 16 16)
スロベニア 58(18 08 11 21)
日本トップパフォーマー
八木悠香(京都精華学園高校2年) 15得点、7リバウンド、1アシスト、3スティール
東 紅花(福岡大学付属若葉高校2年) 14得点、フィールドゴール成功率50.0%、3P成功率57.1%、4リバウンド、1アシスト、2スティール
三次真歩(広島県立広島皆実高校3年) 6得点、1リバウンド、6アシスト、2スティール

 

勝負どころでの3Pショット成功を含む14得点で勝利に貢献した東 紅花(写真/©FIBA.U17WWC2022)


☆試合後コメント
薮内夏美HC
――ゾーンへの対応
 準備していたゾーンアタックがあったのですが、今日のスロベニアの大きく仕掛けてくる1-3-1には正直苦労しました。しかし選手たちがしっかりアジャストして、最終的にシューターが打つべきところで3Pショットを打てたと分析しています。

 

――ディフェンスの良かった点
 私たちは40分間フルコートでプレッシャーをかけ続けるということを言い続けてきました。その結果相手は徐々に体力を消耗し、良い形でセットプレーに入ることができず、3Pショットを気持ちよく打つことができなかったのではないかと思います。

 

――何度かライブボールのターンオーバーからのカウンターをやられたことについて
 ボール運びとエントリーは今課題にしているところでもあります。それを修正すれば…。次のアメリカもかなりプレッシャーがあるので、引き続きしっかりと調整していきます。

 

東 紅花
――どんな気持ちでシュートを打っていたか
 昨日はボールもあまり触れてなくて、あまり自分の中でも思うようにプレーできていなかったので、今日はもっと自分らしく良いプレーを出して3Pショットの強みを出すようにしようと思っていました。昨日入らなかった分、今日は入って良かったと思います。

 

――次戦に向けて
 もっとディフェンスもハードについて相手を削って、オフェンスでは3Pショットもたくさん決めるようにするけど、ドライブやアシストなどいろんな面でチームが勝てるように貢献していきたいです!

  • ザムスト×正智深谷
  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内