月バスTOPICS

月バスTOPICS

2021/07/12

東京2020担当レフェリーに加藤誉樹審判員参加決定

 Bリーグでの活躍でもおなじみのプロフェッショナルレフェリー・加藤誉樹審判員(公益財団法人日本バスケットボール協会所属)が、7月23日(金)に開幕する「第32回オリンピック競技大会(2020/東京)」(東京 2020 オリンピック)の5人制バスケットボール競技担当指名レフェリーとして大会に参加することが、 FIBA (国際バスケットボール連盟) により決定された。

 

BリーグファイナルGAME3より、真剣なまなざしでライアン・ロシターと向き合う加藤審判員(写真/©B.LEAGUE)

 


 加藤審判員は今年のBリーグファイナルのほか、東京オリンピック出場権をかけた最終予選のスプリット大会(クロアチア)でも試合を担当した。今回の決定を受け加藤氏は、「このたびは FIBA から指名をいただき、自国で開催されるオリンピックを審判員として担当できることを大変光栄に思います。私も日本代表の一人として、世界中の皆さんに良いゲームをお届けできるようにベストを尽くします」と喜びのコメントを公表している。


☆加藤誉樹審判員略歴
氏  名 加藤誉樹(かとう たかき)
生年月日 1988年6月30日(33歳)

 

■審判歴:
2014年4月  JBA AA 級ライセンス取得(現S級ライセンス)/FIBA ライセンス取得
2017年9月~ JBA公認プロフェッショナルレフェリー
2019年4月  JBA1級審判インストラクター

 

■主な国際派遣・FIBA大会担当:
2014年 FIBA ASIA U-18 女子バスケットボール選手権大会
2016年 FIBA U17 男女バスケットボール世界選手権大会 (女子ファイナル担当)
2017年 FIBA U19 男子バスケットボールワールドカップ (ファイナル担当)
     FIBA 男子ユーロバスケット (ベスト 16 担当)
2018年 NBA Summer League 参加 (FIBA レフェリー強化プログラム)
     FIBA 女子バスケットボールワールドカップ (セミファイナル担当)
2019年 FIBA バスケットボールワールドカップ (7 位決定戦担当)
2021年 FIBA オリンピック最終予選@クロアチア

 

■受賞歴: B.LEAGUE レフェリーオブザイヤー(2016-17、17-18、18-19、19-20、20-21 シーズン)

 

文/柴田 健(月バス.com)
(月刊バスケットボール)

  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 第8回3x3 U18日本選手権プレビュー 3x3日本一を目指す高校生 久喜高&SIMONの取り組み
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 自費出版のご案内