男子日本代表

男子日本代表

2021/07/08

バスケ男子日本代表、格上ハンガリーに快勝

渡邉とともにキャプテンとしてチームをけん引した田中(写真/C JBA)


 前半を終えて36-23と2ケタのリードを維持できた日本代表は、試合開始時のスターターから比江島を金丸に代えた5人で第3Qに突入。ここでも活発なチームディフェンスと、二人のキャプテンを核としたオフェンスが機能し、最初の2分間で44-26とさらにリードを拡大することに成功した。しかしこの後、この試合で最も危険だった時間帯を迎えることとなる。


 日本代表はシェーファーのフリースローでこのクォーターの先制点を挙げた後、2-1-2ゾーンを敷いた。金丸と田中が高い位置。エドワーズをペイントの中心に据え、渡邊とシェーファーがベースライン沿いの両サイドを担当する形だ。206cmで運動能力の高いフロントライン3人が低い位置を固めたこのディフェンスも、ハンガリーがタイムアウトを取って対応するまでの約2分間奏功した。


 ところがタイムアウト明けにディフェンスをマンツーマンに戻した後、1分半の間に0-8のランを許してしまう。この時間帯はオフェンスで相手のプレッシャーに対しやや動きの鋭さを欠き、カットのタイミングも遅れているような印象で、打たされるようなショットが続いた。一方、ハーフコートゲームでヴォイヴォダに連続3Pショットを浴び、続いてアレンに速攻からレイアップを決められた。

 

 ただ、良かったのはこの時間帯にターンオーバーではなくショットまではいけていた点だろう。ペースを失いかけた状況でも安易なミスでボールを奪われるような内容ではなかった。このピンチを渡邊の難しいフォールアウェイ・ジャンパーで抜けた後、日本代表に危なっかしい場面はやってこなかった。第4Q残り6分36秒には、鋭いドライブでペイントにアタックした富樫からの好アシストを受けた渡邊が、豪快なダンクをぶち込むハイライトシーンも生まれた。最終的には冒頭で記したとおり、79-58と21点差をつけてこの試合を終えている。


 日本代表はこの後、7月9日(金)にFIBA世界ランキング37位のベルギー代表と、11日(日)に同32位のフィンランド代表と、沖縄アリーナでさらに強化試合を行う予定。世界を驚かせる戦いの時に向け、一歩ずつ近づいていく。

 

金丸は持ち味の3Pショットを7本中3本成功させチーム2位タイの9得点を挙げた(写真/©JBA)

 

☆日本生命カップ2021沖縄大会第1戦試合結果

 

男子日本代表     79(21 15 24 19)
男子ハンガリー代表  58(07 16 18 17)

 

エドワーズはこの試合でゲームハイの10リバウンドを記録した(写真/©JBA)

 

日本代表トップパフォーマー
得点: 渡邊雄太(25)/リバウンド: エドワーズ ギャビン(10)/アシスト: 渡邊雄太、エドワーズ ギャビン(4)/スティール: ベンドラメ礼生(3)/ブロックショット:渡邊雄太(1)
ハンガリー代表トップパフォーマー
得点: ダヴィド・ヴォイヴォダ(15)/リバウンド: ロスコ・アレン(8)/アシスト: ベネデック・ヴァルディ(4)/スティール: ベネデック・ヴァルディ(2)/ブロックショット:マルセル・ボンゴ、ゾルタン・ぺレル、ベネデック・ヴァルディ(1)

 

次ページに続く(試合後のコメント)

  • インカレ2022JSPORTS速報
  • マグダビッドx福岡第一
  • FL-UX
  • NOBIRUNO
  • かみすバスケットボールフェスタ
  • ザムスト×正智深谷
  • ウィンターカップ2022
  • インカレ2022
  • 全中2022
  • インターハイ2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内