アンダーカテゴリー

アンダーカテゴリー

2022/06/18

小川瑛次郎(羽黒高等学校2年)- FIBA U16アジア選手権2022 準々決勝試合後のコメント

 FIBA U16アジア選手権2022に出場中のU16男子日本代表で、チーム2位の平均16.7得点を記録して4強入りに貢献している小川瑛次郎(羽黒高等学校2年)。準々決勝のインドとの試合でも3Pショットあり、クラッチレイアップありとその存在感は非常に大きかった。その試合での勝利によりFIBA U17ワールドカップ2022出場権を獲得したあと、小川がQ&Aに対応してくれた。

 


小川瑛次郎は身長187cmで登録はセンターだがロングレンジのシューティングで大きな力となっている(写真/©FIBA.U16Asia)


――今日の試合ではチームのけん引役として期待に応えたと思います。ご自分のプレーぶりをどう思いますか?


 前半は僕もショットが決まってくれましたし、チーム全体でも高い確率で良かったです。後半は難しかったですね。15点のリードで安心してしまったところがありましたが、それではいけませんでした。でも石口さん(石口 直=東海大学付属諏訪高等学校3年)と話してみんなとコミュニケーションを取って戦いました。


――終盤のレイアップは勝負を決するようなビッグショットでした。あのような場面で落ち着きを保って、かつアグレッシブにプレーするのは難しいことだと思いますが、なぜそうできたのでしょう。


 何本かシュートが入っていたので自信がありました。コーチにももっとリムにアタックするように言われています。だからその言葉を信じてプレーしました。入ってくれてよかったです!


――序盤は引き離して勝てそうに見えましたが、その後インドに詰め寄られました。準決勝に向け、どんな点を修正する必要がありますか?


 もっとボールをしっかり回して、どのプレーヤーも得点を狙えるようにしていきたいです。それが次の挑戦ですね。


 ここまでの3試合で小川は32本中12本の3Pショットを成功させた。どちらもチームで1位の数字で、大会公式サイトのスタッツ欄で確認できる中ではどちらも今大会全体でも1位。成功率37.5%も12位に入っている。

 

 

取材・文/柴田 健(月バス.com)

(月刊バスケットボール)

  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内