その他の海外

その他の海外

2022/06/17

町田瑠唯17試合連続出場、1アシスト、1リバウンド、1ブロック – ミスティクスはアウェイでリバティーに敗れる

 日本時間6月17日(北米時間16日)にニューヨークのバークレイズ・センターで行われたニューヨーク・リバティー対ワシントン・ミスティクスの一戦で、町田瑠唯が開幕から17試合連続出場を果たし、9分40秒のプレーで1アシスト、1リバウンド、1ブロックショットを記録した。ただ、この日はオフェンス面で持ち味を出せず、3ターンオーバーで±もWNBA入り後のワーストとなる-10。チームも65-77で敗れた。町田はディフェンスではフランス代表のマリーン・ジョハネスやすばしこいポイントガードのクリスタル・デンジャーフィールドとマッチアップして好プレーを見せる場面があったが、勝利には至らなかった。

 


 ミスティクスはこの黒星で今シーズン7敗目。通算成績10勝7敗(勝率.588)のリーグ5位となっている。


 対戦相手のリバティーでは、パワーフォワードのナターシャ・ハワードが27得点、9リバウンドで中心的な活躍ぶりだったが、前述のジョハネスが巧みなパッシングで7アシスト、中国代表のビッグセンター、ハン シューが高さとミドルレンジのシュート力を生かして12得点、オーストラリア代表のサミ・ウィットコムも6得点に5リバウンドと、国際舞台で近年日本代表と対戦した経歴を持つプレーヤーが活躍していた。

 

通訳(左)付きで試合後会見に臨んでいたハンシュー(中)。右は殊勲の活躍だったナターシャ・ハワード

 


文/柴田 健(月バス.com)
(月刊バスケットボール)

  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • スポーツするならかみす
  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • 全国ミニバス選手権
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 自費出版のご案内
  • 全中2021