Bリーグ

Bリーグ

2022/05/12

島根スサノオマジックvsアルバルク東京 - B1チャンピオンシップクォーターファイナル展望

 島根スサノオマジックとアルバルク東京の対戦は、どちらもターンオーバーが少ないチーム同士というのが一つの特徴だ。どちらも昨オフに大型補強を敢行したチームでもあり、島根はA東京から移籍した安藤誓哉がプレーメイカーを務めている。その安藤とぺリン・ビュフォードを中心に、島根はアグレッシブなオフェンスでリーグ4位の平均86.9得点をたたき出し、クラブ初のチャンピオンシップ進出を決めた。45試合の出場にとどまった金丸晃輔も3P成功率40.6%を記録して健在だ。


 一方のA東京は、千葉ジェッツから移籍してきたセバスチャン・サイズの活躍が際立つ。今回はアウェイでの戦いになるが、シーズン中に島根とアウェイで対戦しており、そのときは1勝1敗の五分の成績を残している。キャプテンの田中大貴や司令塔のジョーダン・テイラーらのリードで、地力を発揮できれば勝機が訪れそうだ。

 

左=安藤誓哉、右=田中大貴(©B.LEAGUE)

 

☆島根スサノオマジックvsアルバルク東京 クォーターファイナル日程(会場:松江市総合体育館)
5月14日(土) 13:35
5月15日(日) 13:00
5月16日(月) 19:05


☆対戦成績
2021-22リーグ戦 1勝1敗
11月13日(松江市総合体育館) 島根〇79-66×A東京
11月14日(松江市総合体育館) 島根×61-64◯A東京

 


☆両チームのキースタッツ
※各項目とも数値の右のカッコ内はリーグ順位
※ターンオーバーは少ない方から上位
島根
西地区2位(二地区間2位) 40勝15敗(勝率.727)
平均得点 86.9(4位)
フィールドゴール成功率 47.0%(8位)
3P成功率 34.5%(10位)
フリースロー成功率 78.7%(2位)
平均リバウンド数 37.6(7位)
平均アシスト数 21.4(6位)
平均スティール数 7.4(7位)
平均ブロック数 2.5(12位)
平均ターンオーバー数 10.0(2位)

 

A東京
東地区3位(二地区間1位) 39勝14敗(勝率.736)
平均得点 80.9(9位) 
フィールドゴール成功率 46.1%(10位)
3P成功率 33.6%(18位)
フリースロー成功率 76.3%(6位)
平均リバウンド数 39.1(3位) 
平均アシスト数 19.6(17位)
平均スティール数 6.0(18位)
平均ブロック数 2.4(14位)
平均ターンオーバー数 9.8(1位)


☆両チームのトップパフォーマー
島根: ぺリン・ビュフォード(平均19.8得点=リーグ2位、平均6.0アシスト=リーグ2位、平均1.4スティール=リーグ8位)、安藤誓哉(平均5.7アシスト=リーグ5位、フリースロー成功率87.7%=リーグ8位)、ニック・ケイ(平均1.4スティール=リーグ7位)
A東京: セバスチャン・サイズ(平均18.0得点=リーグ5位、平均12.4リバウンド=リーグ1位)

 


文/柴田 健(月バス.com)
(月刊バスケットボール)

  • マグダビッドx福岡第一
  • FL-UX
  • NOBIRUNO
  • かみすバスケットボールフェスタ
  • ザムスト×正智深谷
  • ウィンターカップ2022
  • インカレ2022
  • 全中2022
  • インターハイ2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内