その他の海外

その他の海外

2022/04/23

「町田瑠唯は大成功する」 - ミスティクスのマイク・ティボーGM兼HC語る

 日本時間4月23日未明(北米時間22日夕)にワシントン・ミスティクスがプレシーズンキャンプ中の練習後会見を行い、マイク・ティボーGM兼HCらがメディアからの質疑に応じた。その中でティボーGM兼HCが、次週チームに合流予定の町田瑠唯に関して自信を語る場面があった。コメントの内容は以下のとおりだ。

 

会見で町田瑠唯への自信を語るマイク・ティボーGM兼HC(写真をクリックするとインタビュー映像が見られます)

 

――チームに合流した後、町田瑠唯にとって最初のチャレンジになりそうなのはどのようなことだと思っていますか?
 最初のチャレンジと言われるとわかりませんが…。言葉に関してはちょっとした壁になるでしょうが、プレー歴と指導歴のある通訳がフルタイムで付きますから、相当な助けになるでしょう。
I don’t know what’s going to be the fist challenge..., I mean I think you know the language is going to be always a little bit of barrier for a bit but we have a full-time translator for her who has played and coached. And they hit it off pretty well. So, I think that will help her in some ways.
 ポスト・プレーヤーのサイズとスピードとか、リカバリー(フロントラインのプレーヤーと2対2の場面でいかに優位を保つか)に関することかもしれませんね。彼女はこれまでそのような場面でスイッチに対応してポスト・プレーヤーを引き付けて、やっつけてきています。でも、相手側がどんな対応をしてくるか、面白いところですよ。彼女はこのリーグで大成功すると思っています。
I think the size and the speed of the post players in our league and recovering, you know. She’s been able to kind of torture the people that tried to switch on to her before, have post players switch on to her. But it will be interesting to see how she gets played. I think she’ll have great success in this league.
 もう一つ、ナターシャ・クラウドの体験に通じる部分も挙げられます。たぶん相手は彼女を試すでしょう。スクリーンプレーでアンダー(ピッカーの背後に動いて意図的にボールハンドラーをオープンにするディフェンスの位置取り)に入って、得点を狙ってくるかを見極めるんです。私は彼女に、オフェンスではアグレッシブなプレーヤーになるように話しているので、ディフェンスを自分に引き付けておくためにこれまでよりも得点への意識を高める必要があるでしょう。でも彼女は賢いし、しっかり適応すると思いますよ。大成功すると思います。
And I think the other part of it is you know…, much like it was brought up about Natasha Cloud a little while ago. People will probably test her a little bit by going under on some screens to see if she’ll shoot. And I’ve told her you know I expect her to be an aggressive offensive player. You know she’ll probably have to look to score a little bit more to keep defenses honest. But I think that you know she’s smart and she will adopt and I think she’ll have a lot of success.

 


 今シーズンはRakuten NBAがWNBAの試合を配信する予定ということも発表されているので、さらにミスティクスとWNBAの見どころが何かも尋ねると、ティボーGM兼HCは以下のように続けて答えてくれた。


 まず、WNBAを語るということは、全世界から集まった140人のくらいの最強プレーヤーの話だということが言えますね。オリンピックはそれに近いですが、ここではそれが毎晩のことです。(各チームが)強力なチームを相手に36試合を戦います。こんなリーグは他にはありません。
You know first of all, with the WNBA, you’re talking about a group of 140-some of the best players in the whole world. So, you’re seeing women’s basketball at its very best. The Olympic is close. But this is every night you know, 36 games you’re playing against a great team. There aren’t any simple games you know out there.
 特にウチのチームに限って言えば、ルイにピッタリのプレースタイルだと言えます。縦横無尽にコートを駆け巡り、フロアを広く使ってスピードあふれるバスケットボールを展開します。私はパスが大好きで、2-3年前までは数年間アシスト数と3Pショット、フリースローでリーグのトップだったんです。なので見ていて楽しいスタイルをお見せできますよ!

I think with our team in particular, it’s a style of play that you know Rui fits because we play up and down. We space the floor. We like fast-paced basketball. I’m a huge lover of great passing. And so, when they see us, I mean you know…, two or three years ago, for several years in a row we led the league in assists, in 3P shooting and free throw shooting. So you’re going to see kind of a fun style of play from us!


 町田がトレーニングキャンプでどのようにチームに馴染み、そこからどのような形でティボーGM兼HCとチームの期待に応えていくか。非常に楽しみな2022WNBAのレギュラーシーズン開幕は日本時間5月7日(北米時間6日)。ミスティクスはプレシーズンゲーム3試合を経て、同日インディアナ・フィーバーを相手に初戦を戦う予定だ。

 


取材・文/柴田 健(月バス.com)
(月刊バスケットボール)

  • マグダビッドx福岡第一
  • FL-UX
  • NOBIRUNO
  • かみすバスケットボールフェスタ
  • ザムスト×正智深谷
  • ウィンターカップ2022
  • インカレ2022
  • 全中2022
  • インターハイ2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内