NBA

NBA

2022/03/30

ウィザーズがワシントンD.C.の桜をあしらった来シーズンのシティエディション・ユニフォームを公開

 八村 塁が所属するワシントン・ウィザーズが、ワシントンD.C.の町のシンボルにもなっている桜の植樹の情景を表現した2022-23シーズン向けのナイキ製シティエディション・ユニフォームを発表した。ワシントンD.C.では、MLBのワシントン・ナショナルズも桜をフィーチャーしたユニフォームを着用するとのことで、同一都市でNBAとMLBのチームがコラボレートしたユニフォームを展開する初のケースとなる。

 


 来シーズンのシティエディション・ジャージー発表は現地時間3月29日(日本時間30日)で、リーグ内ではウィザーズが一番乗り。ちょうどホームのキャピタルワン・アリーナにシカゴ・ブルズを迎えて、『桜の夜(Cherry Blossom Night)』と題したホームゲームを開催する日の情報発信となった。


 ウィザーズを運営するモニュメンタル・スポーツ・エンタテインメントのチームマーケティング・オフィサーを務めるハンター・ロックマン氏によれば、「ウィザーズのファンから“チェリー・ブロッサム・ジャージー”を望んでいることをわかっていました」とのことで、「実現できてうれしく思っています」とのコメントも発信されている。今年11月には、チーム公式オンラインショップとキャピタルワン・アリーナでの販売も始まる予定だ。

  • ZOON OF HOOPS
  • 月バスカップ2022-U15
  • スポーツするならかみす
  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • 全国ミニバス選手権
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 自費出版のご案内
  • 全中2021
  • インターハイ2021