NBA

NBA

2022/01/24

八村 塁7得点、7リバウンド - 堅実な貢献実らずウィザーズはセルティックスに黒星

 日本時間1月24日未明からのワシントン・ウィザーズ対ボストン・セルティックス戦で、八村 塁が今シーズン9試合目の出場を果たし、19分27秒の出場で7得点、7リバウンド、2アシスト、1スティールを記録した。ウィザーズはこの試合で、安全衛生プロトコルを脱したウェス・アンセルドJr.HCがベンチに戻ったが、2日前のトロント・ラプターズとの一戦に続き勝敗成績が近いチームとの対戦に痛い黒星。通算成績で23勝24敗と黒星が一つ先行することとなった。一方のセルティックスはライバルチームを倒して24勝24敗と勝率を5割に戻している。

 


 八村はこの試合で、14-24と先行された状況の第1Q残り3分25秒にコートに入り、同残り2分11秒にブラッドリー・ビールのパスを受けて右ウイングから3Pショットを成功させたのが最初の得点シーン。前半はもう1本、ジェイソン・テイタムをショットフェイクで飛ばしてかわし、得意とするドリブルからのプルアップジャンパーを右エルボー付近から決め5得点を記録した。


 7点目は第3Q終盤、いわゆる“コーストトゥコースト”のドライブから左手で決めたレイアップ。2日前、ラプターズとの試合が終わった後に本人が話していたとおり、シューティングタッチも戻ってきている様子だ。それに伴いフィニッシュのバリエーションも、特に昨シーズン後半に感じさせた多彩さが戻ってきている。


 八村は前の試合まで続いていた連続2桁得点が3試合で途切れた。しかし平均8.0得点、4.1リバウンドと徐々に数字は上昇中だ。まだまだアテンプト自体も少ないとはいえ、3P成功率35.3%(17本中6本成功)はこれまでのキャリアハイ。長期離脱からの復帰後、復調は堅実なペースで進んでいる。


 ウィザーズの次戦は日本時間1月26日(北米時間25日)。ホームのキャピタルワン・アリーナで行われる対ロサンゼルス・クリッパーズ戦となっている。


文/柴田 健(月バス.com)
(月刊バスケットボール)

  • ZOON OF HOOPS
  • 月バスカップ2022-U15
  • スポーツするならかみす
  • ザムスト×中部大第一タイアップ
  • 全国ミニバス選手権
  • 日本郵政 Presents 3x3を支える人たち
  • Jr.ウインターカップ2021-22
  • ウインターカップ2021
  • インカレ2021
  • 自費出版のご案内
  • 全中2021
  • インターハイ2021