その他の海外

その他の海外

2022/01/03

安間志織所属のアイスフォーゲル、ブンデスリーガ第16週の試合はコロナ感染拡大の影響で延期に

 安間志織が所属する独ブンデスリーガのアイスフォーゲルUSCフライブルクは、日本時間1月3日午前0時から今シーズン第16週のTSV1880ヴァッサーブルクとの試合を予定していたが、対戦相手のチーム内で複数のコロナ陽性判定が出たため試合の延期が決まった。当初は無観客での開催とされていた。


 ヴァッサーブルクの発表によれば陽性者は4人。地元保健局およびブンデスリーガと連携しての開催延期となっている。ブンデスリーガではこの日、ほかにも2試合がパンデミックの影響で延期された。


 アイスフォーゲルのリーグ戦における次戦(第17週)は、日本時間1月9日未明(ドイツ時間8日夜)に行われるジロライ・パンサーズ・オスナブリュックとのホームゲーム。なお、延期されたヴァッサーブルクとの対戦は、リーグ公式サイトによれば日本時間1月13日(ドイツ時間12日)にリスケジュールとなっている。

 

 

安間の活躍を伝える地元紙に関するアイスフォーゲルのフェイスブック投稿

 

文/柴田 健(月バス.com)

(月刊バスケットボール)

  • ザムスト×正智深谷
  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内