Wリーグ

Wリーグ

2022/01/02

Wリーグ2022年元日決戦は富士通とデンソーが勝利

Wリーグ2022年元日決戦は富士通とデンソーが勝利


 2022年の元日に、日本におけるバスケットボールの聖地とも言われる国立代々木競技場第二体育館で行われたWリーグ第9週初日は、第1試合で富士通レッドウェーブと山形クィーンビーズが、第2試合でデンソーアイリスと東京羽田ヴィッキーズが対戦。ともにここまで無敗でリーグトップの座を争っている富士通とデンソーが、今シーズン15勝目を手にした。

 

 

富士通(15勝)95-68山形QB(3勝10敗)

 

 山梨QBは序盤、若原愛美が2本の3Pショットを決めるなど接戦に持ち込むことに成功。第1Qは21-20で富士通がわずか1点リードという展開となった。第2Qも、早々に富士通がオコエ桃仁花のドライブに中村優花がベースラインからのカットでうまく合わせてパスを受けリバースレイアップで先行したが、半ばまで良く粘っていた。このクォーター残り5分46秒に、富田愛理が右ローポストからのターンアラウンド・フェイドアウェイ・ジャンパーを決めた時点では山梨QBは27-28で食らいついていた。


 ところがここから富士通が怒涛の17点連取で一気に突き放す。前半終了20秒前に再び富田が鋭いカットでパスを受けレイアップを成功させたが、ハーフタイムでのスコアは富士通が45-29と16点差にリードを広げていた。


 オコエがフィールドゴール16本中10本を成功(うち3Pショットは4本中2本成功)させ25得点、町田瑠唯もフィールドゴール9本中7本成功(3Pショットは3本中2本成功)で17得点と、昨年の東京2020オリンピック銀メダリストたちが期待に応える活躍をした富士通は、岡田英里(15得点)、田中真美子(12得点)の4人が2桁得点を記録。第2Qの攻防以降は完全に流れ掌握し、27点差の快勝となった。


 山梨QBでは若原が3Pショット7本中4本成功を含めてフィールドゴール12本中7本を決めての20得点と奮闘したが及ばなかった。

 


デンソー(15勝)80-71東京羽田(1勝12敗)


 今シーズンのスタンディングで首位(デンソー)と最下位(東京羽田)の対戦だったが、髙田真希を欠いた状態でこの試合に臨んでいたデンソーは、本川紗奈生のドライビング・レイアップで先制したが、特に前半は大苦戦。東京羽田は軸丸ひかるがトップからミドルジャンパーを決めてすかさず追いつくと、続くオフェンスではドライブから軸丸がさばいたパスを左エルボーで受けた秋元千那実がジャンプショットを決めて逆転。東京羽田はさらに同じコンビで攻め、今度は秋元が左ベースラインからミドルジャンパーを決めて6-2。その後は競った展開になったが、第1Q終盤に津村ゆり子のドライビング・レイアップ、本橋菜子のフリースローで突き放し、19-14とリードして第2Qを迎えた。


 しかしデンソーがおとなしく引き下がることはなかった。前半終了時点では東京羽田が37-33でリードを保っていたが、第3Qの最初の4分間で形成が大きく変わる。徐々にリバウンドで支配力を強めてきたデンソーは、このクォーターの残り6分10秒に赤穂さくらがサードチャンスでのゴール下レイアップをねじ込んだ時点で47-38と逆転して一気にリードを広げていた。この14-1のランがこの試合のトーンを決定づけ、的な流れとなり、デンソーは9点差で逃げ切った。


 デンソーは本川の16得点を筆頭に、赤穂さくら(15得点)、近藤 楓、赤穂ひまわり(ともに11得点)、稲井桃子篠原華実(ともに10得点)と6人がダブルフィギュア。赤穂ひまわりはリバウンドもゲームハイとなる8本と、昨夏の日本代表での活躍をほうふつとさせるパフォーマンスだった。


 チームとしても2Pショットを64.7%の高確率で成功させる効率の良さだった東京羽田では、津村が3Pショット1本を含むフィールドゴール6本とフリースロー3本すべてを成功させての16得点に3リバウンド、3スティールと攻守に健闘。ほかにも軸丸が12得点、鷹のはし公歌が11得点、星澤 真が10得点と合計4人が2桁得点を記録している。

 

 

 Wリーグ第9週は1月2日も、元日と同一カードが同じ国立代々木競技場第二体育館で組まれている。また、1月3日(月)・4日(火)には、トヨタ紡織対日立ハイテク、シャンソン対三菱電機、トヨタ自動車対ENEOSの3試合ずつが続けて行われる。

 

 新年の公式戦では、アーリーエントリーのプレーヤーたちも加わっている。東京2020オリンピックやFIBAアジアカップで大活躍した代表組はもちろん、世界でもトップレベルの女子プレーヤーたちが繰り広げる熱戦は、2022年も見どころ満載だ。

 

文/柴田 健(月バスcom)
(月刊バスケットボール)

  • ザムスト×正智深谷
  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内