Wリーグ

Wリーグ

2022/01/01

馬瓜エブリン発案、Wリーグ初のシート広告が元日からの公式戦にお目見え

 株式会社アールキューブ(所在地:東京都品川区、代表取締役:坂田 健)が運営する「肉汁水餃子 餃包」が、2022年1月1日(土)から1月4日(火)に国立代々木第2体育館で開催されるWリーグ公式戦で初のシート広告を実施する。この広告アイディアは、馬瓜エブリン(トヨタ自動車アンテロープス)が発案したものだ。


 コロナ禍でさまざまなスポーツ観戦に影響が続く中で、客席間の距離を保つために間引き・空席を作っての運営は、パンデミック前と異なる代表的な光景の一つ。最近ではすっかり見慣れてしまったこの光景は、運営側にとっては収益減に直結する大問題だ。

 


 人が座ることのないシートが目立つようになった試合会場。寂しい思いを持っていたのはプレーヤーたちも同じだった。そんな思いを持ったプレーヤーの一人だった馬瓜は、コロナ禍の間引き空席を広告で埋めて有効活用するアイディアを思いつき、友人のアールキューブ代表・坂田氏に持ちかけた。

 

 坂田が「試合のたびに寂しい客席を見るのが悲しいです。その空席の一部を、餃包さんで埋めませんか?」という馬瓜からの打診を受けたのは、2021年の11月。東京2020オリンピック銀メダリスト発案のユニークな広告戦略は、Wリーグ側の柔軟かつ迅速な対応もあり、それからわずか約2ヵ月後の正月に行われるWリーグ公式戦で実施される運びとなった。


 縁起の良い1年のスタートを切りたいとの思いから繰り出された前例のない“速攻”。実は2022年の元日は、アールキューブが「肉汁水餃子の日」として記念日認定を受けたタイミングとも重なっており、話題性も満点だ。

 

1月1日「水餃子の日」認定記念!通常サイズの5倍「デカ餃包」を限定販売:

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000021.000069381.html

 

 

☆馬瓜エブリン

 ガーナ出身の両親の間に愛知県豊橋市で生まれ、愛知郡東郷町で育つ。14歳のときに日本代表として国際大会に出場するために、家族で日本国籍を取得した。桜花学園高校で高校三冠を達成した後、2014年にアイシン・エィ・ダブリュ ウィングス(現:アイシン)に加入し、2017年に現在の所属先であるトヨタ自動車アンテロープスに移籍。妹の馬瓜ステファニーも同年にルーキーとしてアンテロープスに加わっている。

 


 日本代表としての初舞台はFIBA U17世界選手権2012で、この時早くも世界の4強入りを実現している。その後2014年にはアジア競技大会に出場。2017年、2019にはFIBAアジアカップで優勝。2018年にはFIBA女子ワールドカップでフル代表おつぃて初めて世界の舞台に立ち、2021年の東京2020オリンピックでは、果敢なペイントアタックで平均5.8得点を記録して日本代表の史上初の銀メダル獲得に大きく貢献した。


 馬瓜の明るいキャラクターはエンタメ会でも大人気で、テレビ番組にも引っ張りだこ。また、現在は現役プレーヤーの顔とは別に起業家としても挑戦中で、プロアスリートが動画で疑問を解決するサービス『Quick Coarch』もスタートさせている。
https://quickcoach.jp/

 


☆肉汁水餃子 餃包 六本木交差点
所在地:東京都港区六本木4丁目9-8
電話番号(予約):050-3503-3119
定休日:第一月曜日(祝日および繁忙期は営業)
営業時間:月~金16:30~23:45 土日祝12:00~23:45
*変更になる場合あり
取扱商品:水餃子、点心、生ビール・サワー・ハイボール など
価格帯: 2500円~3500円(税込) *せんべろプラン除く
予約URL:
https://gyopao.com

 


☆株式会社アールキューブ
 代表取締役 坂田 健が25歳のときに倒産寸前だった父の会社を継ぎ2代目社長に就任。リーマンショック・東日本大震災など倒産の危機を二度経験。当時は身内、大学教授、社員からも借金をして危機を乗り越える。コロナ禍で事業転換、急成長。六本木交差点、京都駅前、石川パーキングエリア、羽田国際空港、バンコク国際空港、シンガポール等で複数業態の飲食店展開を経験。7年前に「肉汁水餃子 餃包 六本木交差点」を開店。世界最大口コミサイト・トリップアドバイザーで東京1位(10万店舗中)、10 Best Restaurants In Tokyoで1位を獲得。Google口コミ3000件以上は地域No1。


 2019年に直営店の商品および経営ノウハウを活かして、日本中の飲食店への餃子の製造卸事業「業務用餃子の餃包」を開始。約2年で導入1500店舗以上突破し最高売上を更新し続けている。


所在地: 〒142-0054 東京都品川区西中延1-7-6
創 業: 1981年
代表者: 代表取締役 坂田 健
会社情報
https://gyopao.com/abouts/

業務用餃子の餃包関連

https://gyopao.jp/
主な事業:肉汁水餃子 餃包 六本木交差点 / 食品製造卸工場(有限会社タロコ)
創業ストーリー

https://prtimes.jp/story/detail/wrVV8aTa1Kr

 

 

 

 

(月刊バスケットボール)

  • インターハイ2022
  • 関東大会2022
  • 月バスカップ2022-U15
  • 自費出版のご案内