技術&戦術

技術&戦術

2018/02/25

月バスSet Play of the Week(15)チーム ステフィン

 先日行われたオールスター2018から、プレーを紹介しよう!    2月18日(日本時間19日)に行われたオールスター、チーム ステフィン対チーム レブロン(@ステイプルズ・センター)で、チーム ステフィンが見せたハーフコートオフェンスを解説。結果として、チーム レブロンのディフェンスに阻まれたが、オールスターでもタイムアウト後にデザインされたプレーをしっかりとしている。   【ラインナップ】 ①ステフィン・カリー(PG)[ゴールデンステイト・ウォリアーズ] ②ジェームズ・ハーデン(SG)[ヒューストン・ロケッツ] ③デマー・デローザン(SF)[トロント・ラプターズ] ④ヤニス・アデドクンボ(PF)[ミルウォーキー・バックス] ⑤ジョエル・エンビード(C)[フィラデルフィア・セブンティシクサーズ]   [A-1]  ②がインバウンズ、④と⑤はトップ、③は右サイドのウイングにエントリー。②は①へパスし、①はそのまま右へドリブルで移動。⑤へパスをする。①はパスしたらすぐにカット。⑤は③へパスを展開する。   [A-2]  カットした①が④と⑤のダブルスクリーン(エレベータースクリーンのような形)を使って、トップへ。③からパスをレシーブする。ワイドオープンであれば、3Pシュートを放っていたはずだ。   [A-3]  3Pシュートをさせたくないディフェンスは、スクリーンに対してスイッチし、①へX4(レブロン・ジェームズ)がクローズアウト。ハードなプレーでシュートさせなかったが、①はスイッチでミスマッチになったことを見逃さず、④へパスをした。結果的にシュートに至らず、最後は違うシチュエーションで3Pシュートを放って外れた。      月刊バスケットボール4月号の“NBAセットプレー図鑑”では、オールスターブレーク前にイースタン・カンファレンス1位となったトロント・ラプターズのプレーを紹介。自分たちのチームにマッチしそうなセットを見付けて、すぐに練習してみよう!   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事