NBA

NBA

2017/11/01

昨季チャンピオンのウォリアーズが不調?!

   2連覇を狙うゴールデンステイト・ウォリアーズが開幕から5勝3敗(数字は全て11月1日現在)と、好調な滑り出しとは言えない状況にある。ここ5試合では4勝1敗と徐々に調子を上げつつあるが、開幕3試合では1勝2敗だった。平均121.0得点はリーグ1位と相変わらずの得点力を誇っているものの、今季は失点の多さが目立っている(30チーム中25位)。    また、ターンオーバーも1試合平均17.6(26位)というのは、気になるところだ。ウォリアーズは主なメンバー構成は昨季と変わらないため、オフェンス、ディフェンスともに大きな変更は今のところほとんどない。しかし、失点の多さから見る限り、ディフェンスの方法(積極的にスイッチするなど)に対戦チームがアジャストしてきているように見え、昨季ほどの効果が見えないように感じる。加えて、ディフェンスのストレスからか、さまざまなオフェンスでもタイミングが微妙に狂い、ミスにつながっているのかもしれない。    だが、レギュラーシーズンはまだ72試合も残っている。オムリ・カスピやジョーダン・ベルなどの新加入組も頭角を現してきているだけに、年末辺りぐらいまでにはウォリアーズも修正してくるだろう。   写真/石塚康隆(月刊バスケットボール)
  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • TOKYO2020 トーステン・ロイブルコーチ インタビュー
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内