月バスTOPICS

月バスTOPICS

2015/12/27

ハーデンが得意とする バックステップからの シュートを試してみたくなる!

  高校時代、2年連続でカリフォルニア州のチャンピオンに輝き、2年間在籍したアリゾナ州立大では1年目からエースとして活躍したジェイムズ・ハーデン。その後はアーリーエントリーでNBAオクラホマシティ・サンダーに入団と、エリート街道を歩んできたと言っても過言ではない。だが、高校入学時はぽっちゃり体型で小さく、シュートも腰から放つような独特なフォームだったため、当時彼の将来を期待した人は皆無といっていいぐらいだった。それでもシュートを改善し、身長が伸びたことで頭角を現し、エースの座に登り詰めたのだ。 この映像では、その高校時代の様子もふんだんに使われていて、当時のクロスオーバーからのドリブルは今と変わらないことに驚く。さらに、ゲーム映像では、ロケッツのユニフォームに身をまとったハーデンが、得意とするステップバックからのシュートを決めるシーンがあるのだが、これには本物の映像かと思わせるぐらいの忠実で、シュートを決めた後のポーカーフェイスなリアクションや表情までソックリ! 実際にゲームをして、この迫力を楽しんでみよう!! NBA2K16 公式サイト http://nba2k.jp/
  • ロックアイスx千葉ジェッツ「千葉から世界へ」
  • zamstインタビュー「戦い続けるために目標に向かって」
  • 大神雄子「気持ちを届ける、想いを託す」
  • ウインターカップ2021
  • 全中2021
  • インターハイ2021
  • 月バスカップ2021-u15
  • 自費出版のご案内