NBA

NBA

2017/12/19

コービ・ブライアントの「8」「24」両方 がロサンゼルス・レイカーズの永久欠番に!

コービ・ブライアントがロサンゼルス・レイカーズ史上10人目の永久欠番プレーヤーになった。「8」「24」の2つの番号で、これによりレイカーズでは11個の番号が欠番に(下記参照)。セレモニーは18日(日本時間19日)、ウォリアーズ戦(@ステイプルズ・センター)のハーフタイムに行われた。 コービは、1つのチームに20年在籍したNBA史上初のプレーヤーで、引退するまでにNBAチャンピオン5回(2000、2001、2002、2009、2010)、ファイナルMVP2回(09、10)、オールスター出場18回、シーズンMVP受賞(2008)、オールNBAファーストチーム11回、オールディフェンシブ・ファーストチーム9回というすばらしい成績を残した。 また、レギュラーシーズンで1,346試合出場や3万3,643得点などで、チーム歴代個人最多を記録している。 コービのスーパープレー集はこちら ↓↓↓ https://www.youtube.com/watch?v=_M0m1whfe3s 【レイカーズ永久欠番】 8…コービ・ブライアント※ 13…ウィルト・チェンバレン 22…エルジン・ベイラー 24…コービ・ブライアント※ 25…ゲイル・グッドリッチ 32…アービン・“マジック”・ジョンソン 33…カリーム・アブドゥル・ジャバー 34…シャキール・オニール 42…ジェームズ・ウォージー 44…ジェリー・ウェスト 52…ジャマール・ウィルクス ちなみに、NBAで最も多いのはボストン・セルティックスで、22個の番号が永久欠番となっている。 写真=石塚康隆 (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください