kaishi-tu-logo

coach-photo
新潟医療福祉大学 講師
開志国際高等学校
バスケットボール部
菊元孝則トレーナー

2018年夏、開校5年目にして初の全国制覇を果たした開志国際。それを陰ながら支えた菊元トレーナーは、「強い体を作るためのトレーニングや食事に加え、関節の可動域のレベルを落とさないようなストレッチを重視して行っています」とチームの秘訣を教えてくれた。中でも“足”については「アライメント(骨や関節の配置)が悪いと違和感や痛みが出やすくなります。“良い状態”へ修正するために、まず悪い状態に気付くこと、そして動きの悪い癖などをストレッチやトレーニングで治すことが重要です。ただ、それには時間や専門知識が必要なので、インソールの助けを借りて“良い状態”へ矯正するのも一つの手段だと思います」とのこと。ケガが多い選手は足のアライメントが悪いことが多い。原因を探り、トレーニングやインソールで“良い状態”へ修正しよう!

勝ち続けるためには、
“良い状態”
日々の練習に取り組みレベルアップすること。
“良い状態”って?
自分を支える「足」気にしたことある??

foot01-arrow

足アーチ

foot01-img01

靭帯や筋・腱によって構成された“アーチ型”をした足の骨組みのこと!

足部アライメント

foot01-img02

扁平足の原因

そうならないために・・・
オススメは“インソール”

Footcraft AGILITY GRIP

足のアライメントを正しいポジションにキープ
優れたグリップ性能のトップコートが地面を力強く捉え、
フットワークが激しいバスケプレイヤーにおすすめ!

商品詳細はコチラ

衝撃対策におススメ!

Footcraft CUSHION+

商品詳細はコチラ

Footcraft

コレを履いて
“冬の大舞台”
戦ってきました!!

着用モデル:Footcraft AGILITY GRIP

フィット感をすごく感じました!

普通のインソールと比べてサポート力が高いので、慣れるまで少しかかりましたが、足に馴染んでくるとかなりフィットする感覚がありました。
特にジャンプして着地する時に安心感を感じることができたので思い切りプレーすることができました!

動きにキレが出た感覚!

自分の足のタイプに合せてインソールを選ぶことができるので、フィット感は抜群でした。僕が試したアジリティーグリップはバスケ特有のターンなどがしやすく、しっかり地面を捉えることができたのでディフェンスで相手の揺さぶりにも対応しやすくなりました。

ステップしやすくなった!

普段インソールを使ってないのではじめは違和感がありましたが、安心してプレーできました。特にディフェンスはステップがしやすくなってプレーに幅が出た気がします。しかもクッション性も高いのでケガしにくいと思います!

着用モデル:Footcraft CUSHION+

安定感が増して集中してプレーできる!

バスケはジャンプする場面が多いので足に負担がかかりますが、このインソールはクッション性が高いので負担が軽減されている感覚がありました。さらに、全体的に安定感を感じることができたので練習・試合でも集中してプレーすることができました!

足全体をサポートしてくれる安心感!

これまでのインソールと比べてみると、足へのフィット感がすごく良かったです。安心感があるので思いっきりプレーすることができました!ので安心してプレーできました!