ウインターカップ2017

ウインターカップ2017
平成29年度 第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会

【日程】平成29年12月23日(土・祝) ~12月29日(金) 【会場】東京体育館

ウインターカップコラム

2017年12月24日

ウインターカップ2017強豪校ヒストリー/福岡大学附属大濠高校

 

夏の王者だが

あくまでチャレンジャーとして臨む冬!

精度の高さを武器に

24年ぶりとなるウインターカップ制覇を目指す!!

 

 

 

 バスケット界において、福岡大附大濠の名を知らない者は皆無だろう。今年のインターハイでは4度目の優勝を達成し、高校界の強豪校として君臨。

 

 さらに、これまで多くのOBを輩出。日本代表候補の橋本竜馬や金丸晃輔(ともに三河)、長谷川智伸(滋賀)、津山尚大(琉球)などがBリーグで活躍。加えて、元女子日本代表ACの梅嵜英毅氏(山梨学院大)、JX-ENEOSの佐久本智コーチなど指導者にも大濠イズムを継承する者は多い。

 

 しかし、そんな錚々たるOBを持つ伝統校だが、ウインターカップの優勝は2回。前回優勝は24年前で、ここ数年はあと一歩のところで優勝を逃している。

 

 そんな大濠だが、今年は24年ぶりの悲願達成達成が現実味を帯びている。というのも、夏のインターハイでは優勝。それも、「守り勝ちました」と片峯聡太コーチが振り返るようにディフェンスを重視した勝ち方だったのだ。オフェンスと違いある程度計算できるディフェンスが固いことは、トーナメントを勝ち上がるには心強い。

 

 その大濠のディフェンスは、各選手が1対1でしっかり守りながらヘルプの意識も高く、その上、リバウンドやルーズボールにも強い。そうした鉄壁の守りでインターハイでは次々と強豪を撃破したのだが、特に準決勝の帝京長岡(新潟)戦は4度にも及ぶ延長戦を制しての勝利。

 

 そんな大濠は、ウインターカップに向けて、さらにディフェンスを強化している。マンツーマンを徹底し、要所ではスティールを積極的に狙う“攻め”のゾーンディフェンスを策として忍ばせているのだ。

 

 一方、課題なのはオフェンス。インターハイでは6試合で473得点を挙げたが、優勝候補との試合が続いた3回戦以降の平均は70.5得点。そのうち4度の延長戦を戦った準決勝以外は3試合全てで60点台と、これまでの華麗なバスケットを展開する大濠の歴史を考えれば少々物足りなさを感じてしまう。

 

 片峯コーチも「トランジションを速くして攻撃回数を増やし、最低でも80点を目指します」と得点力アップを図っている。その中心となるのは、インサイドの⑮井上宗一郎、勝負強いシュートが持ち味の司令塔⑬中田嵩基だ。

 

 加えて、片峯コーチはフォワード陣の活躍にも期待を寄せている。春先は「力が発揮できなかった」(片峯コーチ)選手が多かったが、大会を経て大きく成長。中でもミドルシュートが得意の⑧中崎圭斗、ドライブが魅力の⑤上塚亮河、⑥川島聖那がカギを握っている。

 

 こうして攻防の精度アップを図り、今年の一大決戦ウインターカップに挑む大濠。冬は過去2年間で1勝と思うような成績を残せていないことからも、その悔しさを味わってきた3年生のウインターカップにかける思いは強い。実際、「インターハイでは、これまでのインターハイでの悔しさを晴らすことができましたが、ウインターカップは別。ウインターカップもチャレンジャーとして臨みたいです」と井上。

 

 夏の王者といえど、24年ぶりの戴冠に向け、この冬はあくまでチャレンジャーとして大会に臨む。 

 

 

 

(月刊バスケットボール)

 


コンテンツ

  • zamst FILMISTA
  • 月バスカップ2018試合結果
  • genkido-manga-banner-vol1
  • genkido-manga-banner-vol2
  • side-jx_eneos-banner