男子日本代表

男子日本代表

2018/02/22

FIBAワールドカップ2019アジア地区1次予選/Window2情報①

2月22日/日本×チャイニーズ・タイペイPREVIEW

 

ここで負ければ2020年東京オリンピックが遠のく!

2敗同士の絶対に負けられない一戦!!

 

負けられない戦いに臨む日本代表(写真は2017.11.24フィリピン戦より)

 

 

 2月22日から始まるワールドカップ2019アジア地区1次予選のWindow2。Window1の2試合を終えて、フィリピン、オーストラリアに敗れて2敗の日本は、同じく2敗のチャイニーズ・タイペイとホーム(@横浜国際プール)で対戦するのだが、

 

①日本が属するグループBから2次予選に進めるのは3チームのみ(つまり1チームが脱落)

 

②2020年東京オリンピックのバスケットボール競技には自国開催枠が適用されず、その開催国枠確保のために、日本はFIBAからワールドカップ本戦ベスト16が指標として示されている

 

ということを考えれば、ホームでチャイニーズ・タイペイを迎える2月22日は、“絶対に負けられない一戦”と言える。

 

 しかし、その大事な試合に臨むにあたり、日本側の事情は芳しくない。というのも、現在、男子はBリーグの真っ最中で、日本代表選手は各チームの大黒柱&エースとして毎週ハードな試合をこなしている。開幕して2シーズン目を迎えたことでBリーグのレベルが上がってきているため、そこで戦うこと自体が強化につながるのだが、逆に“ケガをする”というリスクも背負うことになる。今回、それが裏目に出て、富樫勇樹(千葉)、馬場雄大(A東京)がケガのため欠場。富樫は得点力が高い司令塔、馬場は機動力が魅力の若手と、爆発力がある2人が不在というのは日本にとっては痛手だ。また、2mを超える貴重なインサイド、竹内譲次(A東京)も腰の状態が万全でないのが気になるところ。

 

 そんな中、勝利のカギを握るのが、フィリピン戦で20点、オーストラリア戦で17点と、ともにチームトップとなる得点を挙げた比江島 慎(三河)だ。フリオ・ラマスヘッドコーチが求める“リングへのアタック”を最も体現するだけでなく、ミドルシュートに関しても頼もしい存在で、「エースという気持ちを持って臨んでいます」と自覚も十分。独特の嗅覚を持っている比江島は、経験を積めば積むだけ自らのセンスを磨いていくタイプの選手。「やられてはいけない選手にやられてしまった」と悔やんだフィリピン戦での教訓を、このチャイニーズ・タイペイ戦では逆に自らが活躍することで、相手の脅威となってほしいところだ。 (つづく)

 

※選手情報は2月21日正午時点

 

 

【FIBAワールドカップ2019アジア地区1次予選_Window2/日本代表選手】

#0 橋本竜馬(シーホース三河)
#3 辻 直人(川崎ブレイブサンダース)
#6 比江島 慎(シーホース三河)
#7 篠山竜青(川崎ブレイブサンダース)
#8 太田敦也(三遠ネオフェニックス)
#11 宇都直輝(富山グラウジーズ)
#15 竹内譲次(アルバルク東京)
#24 田中大貴(アルバルク東京)
#35 アイラ・ブラウン(琉球ゴールデンキングス)
#43 永吉佑也(京都ハンナリーズ)
#51 古川孝敏(琉球ゴールデンキングス)
#88 張本天傑(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ)

 

 

▼スポナビライブのLIVE配信(本日19:15~)はこちらから

https://sports.mb.softbank.jp/live/player/17496

 

 

(月刊バスケットボール)

 


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • zamst FILMISTA
  • 月バスカップ2018試合結果
  • genkido-manga-banner-vol1
  • genkido-manga-banner-vol2
  • side-jx_eneos-banner