CONTENTS

【31節/2017.05.03(水・祝)】

ファイナルでもあり得るカード。
シーズン最後の戦いに

5月の大型連休中に行われる第30節は1試合のみ開催。激しい2位争いを繰り広げている西地区の名古屋Dと琉球の直接対決や、大阪と滋賀の関西対決などが実施されるが、その中で今シーズン、死闘を繰り広げてきたA東京と栃木がシーズン最後の対戦を迎える。直接対決は、5勝2敗で栃木が優勢。栃木が連勝した4月1、2日の前回の対戦では…続きを読む

【30節/2017.04.28(金)~2017.04.30(日)】

残留プレーオフ回避に向けた戦いもし烈!

上位争いはもちろん緊迫した戦いが続いているが、残留プレーオフ回避の戦いも熱い。どうしてもB2よりもB1の方が多方面で注目度が高いため、B2に降格してしまえば戦力や資金力がダウンしてしまう可能性がある。残留プレーオフを免れるためにも、下位クラブは、必死の戦いを続けている。現状、残留プレーオフに進む可能性があるのは、…続きを読む

【29節/2017.04.22(土)~2017.04.23(日)】

記念すべき開幕節のリベンジへ!

この節は開幕節の再戦が多く、秋田vs.栃木、千葉vs.仙台、滋賀vs.三河、名古屋D vs.京都の4カード。そのうち開幕節では滋賀vs.三河を除く3カードで星を分け合った。もちろんリーグ上位を走る栃木、千葉は連勝したいところだが、秋田、仙台もB1残留プレーオフを避けるためには負けられない。万が一残留プレーオフに進み、1回戦で…続きを読む

【28節/2017.04.14(金)~2017.04.16(日)】

2位争いを続けるクラブの
直接対決が実現!

今シーズン、チャンピオンシップに出場できるのは8クラブ。各地区の1、2位と、その6クラブ以外で勝率が高い2クラブがワイルドカードとして出場する。3地区のうち、東西地区の2位争いはし烈だ。東地区は1位の栃木からA東京、千葉まで僅差でひしめき合っている状態。この28節では2位のA東京と3位の千葉が対戦する。A東京は…続きを読む

【27節/2017.04.07(金)~2017.04.11(火)】

川崎は三遠のお得意様?
今度こそ連勝を狙う

ペイント内で圧倒的な存在感を誇る㉒ファジーカスを軸に、リーグ最高勝率を残している川崎。そんな川崎に対し唯一勝ち越しているのが、同じ中地区の三遠だ。開幕節で接戦をモノにして連勝すると、その翌月の対戦でも1勝1敗。ここまでの対戦成績は3勝1敗で、三遠にとって川崎は“お得意様”と言っても過言ではない。ただリーグ最高勝率の…続きを読む