• zamst FILMISTA

インターハイ2018新着ニュース

2018年08月1日

【2018 東海インターハイ】見逃せない! 10名の女子注目選手!!

 

野口 さくら

 

のぐち さくら/安城学園⑦/3年/182cm/SG/光晴中

 

 182㎝と長身ながら、ボールハンドリングやドリブルワークに優れる野口。巧みな切り替えしでディフェンスを翻弄する姿は182cmとは思えないほどで、もちろんリング下でも強さを発揮。地元インターハイということもあり、気合も十分だ。

 

 

 

 

奥山 理々嘉

 

おくやま りりか/八雲学園④/3年/180cm/C/坂本中

 

 1年からスタメンとして臨んできた奥山にとって、3年となる今年は集大成の年。リング下では「欲しいときに点を取ってくれる」と仲間から絶対的な信頼を寄せられ、3Pシュートを的確に射抜くシュート力も兼ね備えている。チームを悲願の全国初優勝に導けるか?

 

 

 

 

今野 紀花

 

こんの のりか/聖和学園⑤/3年/178cm/SG/七北田中

 

 しなやかなドライブやジャンプシュートが武器で、相手に応じて内外を使い分ける頭の良さも魅力。

 

 

 

 

モハメド 早野夏

 

もはめど さやか/桜花学園⑦/3年/177cm/C/相模女中

 

 センターとしては決して高くないが(身長177㎝)、体の強さを武器に主にリング下で得点やリバウンドを稼ぎ出す。昨年はケガにより昨年のインターハイは不出場。それだけに、最終学年として迎える今大会への意気込みは高い。

 

 

 

 

東藤 なな子

 

とうどう ななこ/札幌山の手④/3年/174cm/PF/新川中

 

ステップを駆使したシュート、外角のシュートと内外巧みな点取り屋。昨年は初戦敗退(2回戦)だっただけに、キャプテンとなった今年は自らの活躍でチームをけん引する。

 

 

 

 

オドボ・エンデュラス

 

明星学園⑰/2年/180cm/C/IDIA COLLEGE中

 

昨年はケガで満足にプレーでくなかったオドボ。復帰した今年は、強いフィジカルと手足の長さを生かしたインサイドプレーで攻防ともにチームを支える。

 

 

 

 

池田 沙紀

 

いけだ さき/岐阜女④/3年/160cm/PG/坂本中

 

 スピードに乗った動きからのシュートだけでなくジャンプシュート、3Pシュートを得意とする池田。キャプテンとして連覇を狙う。

 

 

 

 

福島

 

ふくしま あずさ/大阪薫英女学院⑤/3年/168cm/PF/大阪薫英女学院中

 

 ディフェンスの間をかいくぐってのシュートや巧みなボールさばきなど、体勢が崩れながらもフィニッシュを決め切ることのできる福島。冷静な状況判断からパスをさばけるのも魅力だ。

 

 

 

 

梅木 千夏

 

うめき ちなつ/聖カタリナ学園④/3年/168cm/SG/松山南二中

 

 スピードのあるドライブや速攻が持ち味の梅木。全国出場を逃した昨冬の屈辱を胸に、キャプテンとしてチームをけん引する。

 

 

 

 

三浦 舞華

 

みうら まいか/精華女⑦/2年/169cm/SF/富谷中

 

 昨年、1年生ながらチームを救うビッグショットを何本も沈めてきた三浦。大上コーチも信頼を寄せる2年生エースが、全国の舞台で大暴れする予感。

 

 

 

(月刊バスケットボール)