男子日本代表

男子日本代表

2017/11/22

Road to FIBAワールドカップ2019①

アジア地区からは計7チームが出場可能!

しかも中国が開催国枠を持っているので

実質8チームがワールドカップに出られる!!

 

ⒸFIBA

 

 

1か所に集まるのではなく

ホーム&アウェイ方式に!

 

 FIBAワールドカップは、そもそもFIBAバスケットボール世界選手権(第1回大会は1950年にアルゼンチンで開催された)という名称でオリンピックの中間の年に開催されていた大会。2014年のスペイン開催から名称が変更されたのだが、国際バスケットボール連盟(FIBA)に加盟する213の国と地域の中からバスケットボールの世界一を決定する一大イベントで、オリンピックと同じくらいの権威がある。

 

 そのワールドカップ、これまではヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカ、オセアニアなど各地区で1か所に集まって予選を行い、それぞれの地区に割り当てられた数のチームがワールドカップの出場権を獲得するという方式だった(プラスオリンピック優勝国、開催国)。それが、来る2019年の中国開催に向けては、ホーム&アウェイ方式で予選を争うこととなった。

 

 そんな中、日本はアジア地区に所属。これまでアジア地区には3チームの枠が与えられていて、日本で言えば東アジア大会→アジア大会と2大会を経て出場権をつかまなければならなかった。それが、1次予選、2次予選のホーム&アウェイ方式となる。さらに、今回からアジア地区にオーストラリア、ニュージーランドといったオセアニア地区の強豪国が加わることで、日本にとっては厳しい戦いが続くことになってしまった。

 

 

単純にFIBAランキングで比較すると

日本は16か国中8位!

 

 今回、アジア地区1次予選には16チームが参加。4チーム×4グループに分かれてホーム&アウェイ方式を行い、各グループ上位3チーム、計12チームが2次予選に進出する。

 

【アジア地区1次予選/国・FIBAランキング(10月11日付)】

グループA グループB グループC グループD
中国(24位) 日本(50位) シリア(98位) イラク(85位)
ニュージーランド(27位) チャイニーズ・タイペイ(57位) レバノン(53位) カタール(66位)
韓国(34位) オーストラリア(9位) インド(64位) カザフスタン(74位)
香港(82位) フィリピン(30位) ヨルダン(43位) イラン(22位)

 

 

 そして2次予選は、1次予選のグループを2グループずつ統合した6チーム×2グループでホーム&アウェイ方式を行い、各グループ上位3チームおよび各4位チームのうち成績上位の計7チームがワールドカップへの出場権を獲得することとなる。

 

 ただ、開催国の中国は、このアジア地区予選の結果に関わらず開催国枠での出場。その中国は普通に戦えば1~3位でアジア地区を通過するため、1枠が増えることとなり、実質的にアジア地区からは8チームが出場することとなる。

 

 16か国中8チームということは半分が出場できるということだが、表を見ると分かるように、1次予選で日本が入ったグループBは、FIBAランキング9位のオーストラリアを筆頭に、30位フィリピン、57位チャイニーズ・タイペイと、50位の日本がトップ3で抜け出すには一瞬たりとも気が抜けない。中でもチャイニーズ・タイペイには絶対2勝することが必要で、できればホームで迎えるフィリピン戦でも白星を挙げたいところだ。 (つづく)

 

(月刊バスケットボール)

 


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • 富樫選手ツイッターキャンペーン
  • 月バスカップ2018
  • mcdavid-tu-banner
  • side-jx_eneos-banner