ウインターカップ2017

ウインターカップ2017
平成29年度 第70回全国高等学校バスケットボール選手権大会

【日程】平成29年12月23日(土・祝) ~12月29日(金) 【会場】東京体育館

記者の目

2017年12月23日

エースの復帰に期待し、ジャイアントキリングを狙う日本航空

神谷璃空(日本航空#27)

 

 

 男子1回戦で日本航空(山梨)が鳥取西(鳥取)を96-52で快勝し、2回戦へ進出した。

 

 夏の南東北インターハイで1回戦に光泉に勝利したのに続いて、ウインターカップでも初戦を突破。夏は2回戦で第1シードの福岡第一に敗れたが、70-112と得点面では健闘した。その要因は3年が1年時から3年連続でウインターカップを経験していることが大きい。

 

 チームの中心は#27神谷と#19小谷、#91後藤などの3年生。だが、今日の試合開始時に神谷はコートにいなかった。2日前の練習で太ももの打撲を負ったからだ。

 

 そんな中、日本航空は出だしから20-8と鳥取西を圧倒。2Qを終わって、52-30とリードを奪った。対する鳥取西は3Q、トランジションの速い展開と、そこからの合わせで追い上げを図りたいところだったが、日本航空#34ザンらの連続3Pシュートに阻まれる。このピリオドにケガで欠場した神谷がコートに立ったが、わずか5分50秒の試運転のみ。とはいえ5得点、2リバウンド、3アシストを短時間で記録し、「思っていたよりの動けていました」と、西原コーチは良好な経過に安堵の様子。

 

 結局、終始リードを保ち鳥取西を下した日本航空は、神谷の調子が想像以上に良かったことで、明後日の福岡大附大濠(福岡)戦に望みをつないだと言っていいだろう。得点面での2桁が4人おり、神谷の穴を全員でカバーした形となった。

 

 キャプテンの後藤は「全員出場で勝てたのはうれしいです。神谷がいませんでしたが、意識することなく、神谷が戻ってくることを信じて今日はプレーしました。大濠は身長が大きいので全部がミスマッチ。40分で全部を出し切るぐらい走って勝負したいです。

 

 インターハイの福岡第一戦では、自分たちが受け身になってしまったこと、シュート力が敗因でした。その部分を改善しきたので、“攻め”の気持ちでやるしかないです。大濠はシードの初戦なので、その部分を突くしかないと思っています。勝ちにいきたいです!」と、大濠戦への手応えを語った。また、西原コーチも「さまざまな手を使って、インターハイチャンピオンの大濠にチャレンジしたいです」と、意欲的だった。

 

 日本航空はジャイアントキリングを虎視眈々(こしたんたん)と狙っている。

 

(月刊バスケットボール)

 


コンテンツ

  • zamst FILMISTA
  • 月バスカップ2018試合結果
  • genkido-manga-banner-vol1
  • genkido-manga-banner-vol2
  • side-jx_eneos-banner