ニュース

blog

2015年07月31日

【近畿インターハイ2015記者の目】泥臭い高校生日本一決定戦?

※インターハイ期間、現地で記者の感じたこと・見たことを編集部ブログでお伝えしていきます。

 

男子3回戦、能代工対尽誠学園を観戦中、隣に座っていた福岡第一の井手口孝コーチがボソッと呟いた。

「どっちもいいディフェンスをしてるな…」

_MG_2597

(やっぱり能代工は泥臭い!⑥斉藤大輔と⑦小室望海)

 

ともに選手は丸坊主、ディフェンスとルーズボールを信条とし、アメリカに縁のある“ユウタ”を輩出(能代工は田臥勇太【リンク栃木】、尽誠学園は渡邊雄太【ジョージ・ワシントン大】)。

共通点が多い両校の対決を、「泥臭い高校生日本一決定戦」と勝手に命名!

 

予想どおり、序盤から熱苦しい?ディフェンスゲームになった。ルーズボールに飛び込むたびに汗で濡れる床、体のぶつかり合いがすさまじいリバウンドを争い…。

結果的に最後まで走り抜き、96点を積み上げた能代工が勝利したが、やはりディフェンスとルーズボールから主導権を握った。

ゾーンディフェンスを敷いたため、オフェンスリバウンドこそ尽誠学園に与えてしまったが、能代工で最も泥臭い男・⑥斉藤大輔が鬼のような形相でオフェンスリバウンドを奪取。加えて長い手足を生かし、④盛實海翔がこちらはさらりとリバウンドを奪っていった。

ディフェンスでも⑦小室望海、盛實がルーズボールを最後まで追い続け、チャンスを次々と生み出したことが勝因に。

「気持ちで負けたら能代工ではないと思います。そこは負けないようにリバウンド・ルーズボールに集中しました」と盛實。必勝不敗を掲げるチームは、昨年のウインターカップから徐々に“らしさ”が見られるようになってきた。

 

一方の尽誠学園も、ローテーションの早いディフェンスで対抗したが、「1対1の能力が高かったです」と⑤小谷健太が言うように、能代工のエース・小室のドライブを止められず、ディフェンスから流れを作ることができなかった。

_MG_2693

(身体能力の高さを生かした尽誠学園⑧リンダーライアン雅輝)

 

ただ、日本人のみで構成された両チームが見せた“ボールへの執着心”は、どのカテゴリーのチームでも実践できること。ほかのチームと比べると決して高さがあるとは言えない両チームが紡いだ“泥臭い戦い”は、私も含め多くの観客の心を動かしたに違いない。

(月刊バスケットボール編集部)


関連記事

blog
大会最終日。 男子の3位決定戦と決勝が行われた東京体育館には…の続きを読む
2016/12/29
blog
多くの熱戦が繰り広げられたウインターカップもいよいよ最終日。…の続きを読む
2016/12/29
blog
大会6日目となった28日は、女子の最終日。   大…の続きを読む
2016/12/28
  • gear-catalog-banner

最新号
月刊バスケットボール
5月号

今月の巻頭特集は、2017年の高校界をサキドリ!「高校界のブレイク候補」と題し、各チームの新たなエースを男女各20名紹介しています。また、2016年にバスケット界を…

  • side-jx_eneos-banner