• NBA2K19-ad

月バスTOPICS

月バスTOPICS

2018/12/17

FIBA幹部が日本のオリンピック出場に言及! バスケ推進協議会には怒りをあらわに

 FIBAのヴァイス氏はEメールで届いたというこの書面を「傍若無人、慇懃無礼」とし、「同じテーブルで対話するつもりがないなら『黙っていろ!』と言いたい」と語気を強めた。というのも、今回の来日に際し、同席のスコット・ダーウィン氏(タスクフォース・ワーキンググループ)とともにJBICとの会談を申し入れたが、スケジュールが合わないと断られたという。ヴァイス氏はドイツから、ダーウィン氏はオーストラリアからわざわざ来日したにもかかわらずである。
 
 その書面の内容についても、「JBAの運営は貧弱であると書いてありますが、現実は正反対」とJBAが日本バスケットボールの発展に尽力していることを明言。またJBAとBリーグが出資して設立したB.MARKETING(ビーマーケティング)の株主に、民間の電通が名を連ねているのはなぜなのかとの指摘もあったが「FIBAからプロフェッショナルなマーケティング会社と連携するようにアドバイスした」とし、「株式比率も5%であり、問題ない」とむしろ喜ばしい状況であると説明した。さらに2014年12月に、当時FIBA事務総長を務めていたパトリック・バウマン氏(2018年10月に急逝)とともに、「五輪会(JBICの前身団体)」の幹部と面会したことを明かし「彼らの考えはモントオールや東京のオリンピックで止まっているようだった」と振り返った。これから改革をしなければならないというときに「新しいJBAの中で、なんらかの役職に就きたい」と言われ、愕然としたことを覚えているという。
 
 今回の記者会見はFIBAからの要請で開かれた。ヴァイス氏はFIBAを代表し「ポジティブな発展を遂げているJBAに対し、このような誹謗中傷はあり得ないと皆さんにお伝えしたかった」と語ったことからも、現体制への支持とともに、JBICをはじめとする反体制的な動きに対し、警告を発することが目的だったと受け取れる。
 
 JBICの幹部に名を連ねる方々は、選手として、指導者として、日本のバスケットボール界を支えてきた方々である。だからこそFIBAとしても敬意を払い、会談を申し入れたのだろう。それに応えることなく同様の行動が続くようであれば、誹謗中傷のそしりは免れない。そして、日本バスケットボール界の益を損ねかねないのである。
 
(月刊バスケットボール/飯田康二)


  1. カイジ より:

    具体的な内容が全く書かれてないため
    批判が正当なものなかそうでないのかすら
    分からない。

    こんな抽象的で曖昧な記事を鵜呑みにしてどちらかに
    ついて肯定するのも否定するのも危険
    飯田康二という記者は記事にするんなら
    もっと具体的なことを調べて記事にしてください

  2. サンタ より:

    自分の事しか考えていない老人達こそ排除すべき対象です。チームスポーツの団体に、チームの事を考える事が出来ない人間が上にいる事自体が間違いである。
    小学生の全国大会で1番を決めない事には驚いた!
    勝利至上主義とは、勝利至上主義=金儲け(広告)だが、小学生のチームはほとんど慈善事業だ!
    現会長はバレー出身ですが、バレーは日本1を決める全国大会は存続してるのに、バスケはなぜ無くしたんだろう?

  3. ケン蔵@新潟 より:

    既得権益にしがみつく老害、岩盤層を取り除かないと
    本当の改革が終わらない。役員名簿見るとセピア色が色褪せている方々ばかりで、溜め息出るばかり。

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  • 開志国際
  • McDavid 独占インタビュー 折茂武彦
  • 開志国際

月刊バスケットボール YouTube

  • side-jx_eneos-banner