Wリーグ

Wリーグ

2018/06/19

Wリーグが「トップリーグの選手としてあるべき姿」を認識するための “新人研修会(選手、マネジャー32名)”を実施

 6月11日、JBAにて選手、マネジャー32名による“Wリーグ新人研修会”が実施された。    この研修は、「トップリーグの選手としてあるべき姿」について新人選手と新人マネジャーに認識してもらうために毎年開催しているもの。    今年は合計32名(新人選手:大卒17名、高卒10名、新人マネジャー:5名)が参加(※竹原レイラは日本代表合宿中のため不参加)。研修会は11時から始まり、まずはWJBL事務局よりWリーグのヒストリーや理念、WJBL規約・競技者規定などの基本的なルールの説明などを行った。    続いて、アンチ・ドーピング機構より、トップアスリートとして身に付けるべきアンチ・ドーピング知識に関する講義を受けた。また、午後の研修ではメディアトレーニングを行い、トップリーグ所属選手として必要なメディアとの接し方・受け答え方を実践形式で学んだ。   ※詳しくはWJBLホームページへ。 http://www.wjbl.org/pc_index_html   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください