月バスTOPICS

月バスTOPICS

2018/06/06

車いすバスケットボールの魅力が分かる! 強豪国が集った“三菱電機WORLD CHALLENGE CUP 2018”

   6月8~10日、武蔵野の森総合スポーツプラザ(東京)にて“三菱電機WORLD CHALLENGE CUP 2018”が行われる。    これは2020年東京バラリンピックに向けて車いす男子日本代表を強化するということに加え、その東京パラリンピックで車いすバスケットボールの会場となる武蔵野の森総合スポーツプラザで開催することで会場運営やスタッフの育成を行うということも兼ねている。    昨年に続き行われる今回は、 ①2012年ロンドンパラリンピック優勝のカナダ ②2008年北京パラリンピック優勝のオーストラリア ③車いすバスケットボールリーグが盛んで、今年の夏に地元開催の世界選手権を控えているドイツ  の3か国を迎えての開催。8日~9日で総当たり戦を行った後、10日に順位決定戦を行うという形式だ。    日本はこのカップ大会に向けて北海道の稚内で事前合宿を敢行。格上の3か国相手に、及川ヘッドコーチが「いいチームビルディングができた」という成果を見せて欲しいところだ。    この三菱電機WORLD CHALLENGE CUP 2018、8日(金)は入場無料で、9日(土)、10日(日)はアリーナ席は有料だが、スタンド席は無料。    まだ今週末の予定が決まっていない方は、一度、迫力ある車いすバスケットボールを観に行ってはいかが?   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください