Bリーグ

Bリーグ

2018/05/12

2勝でB1昇格の福岡vsFE名古屋は高い攻撃力を見せた福岡が先勝

 秋田、福岡、FE名古屋、熊本の4クラブがB2チャンピオンの座を懸けて戦うB2プレーオフ。B1同様、ここからは結果だけが全てであり、B1ライセンスを持たないFE名古屋以外は、このセミファイナルを勝ち抜けば、悲願のB1昇格が決定する。  その中でも西地区1位の福岡は、昨シーズンはB3に所属し、B3→B2→B1の最短昇格を目指し、今シーズンを戦ってきた。  セミファイナルの相手は中地区優勝のFE名古屋。ここで敗れても、B1・B2入替戦からの昇格の可能性があるとはいえ、福岡にとってはシーズンで3敗しかしていないホームで昇格を決めたいところ。しかし、「ゲームの入り、前半は選手の強い思いですごくナーバスになってしまった」と河合ヘッドコーチが振り返ったとおり、硬い立ち上がりになる。なかなかボールが回らない上にシュートが決まらず、それとは対照的にFE名古屋は#1宮崎、#24ホーキンスらが小気味良く3Pシュートを沈める。2Qには元NBA選手の#25カーニーの1対1も有効に決まり、前半の主導権を握る。  一転して3Qは、福岡が立ち上がりに成功する。「立ち上がりが重要だと話し合いました」と河合ヘッドコーチ。前半2得点に終わったエースの#6小林、インサイドの#11ジェイコブセンと内外角バランス良く攻撃を展開し、残り5分で逆転に成功する。その後は攻撃が得意なクラブ同士の対戦とあって、高確率にシュートを決め、ハイスコアでゲームは推移していく。 その中でFE名古屋は最後まで粘りを見せたが、「福岡の走る部分を止めようと思っていて、35分間はできていました。でも4Qの残り5分、息切れしていました」と渡邊ヘッドコーチは悔むことしきり。FE名古屋を凌駕する攻撃力を見せた福岡は、FE名古屋のファウルゲームにも確実にフリースローを決めて対応し、103−95で第1戦を勝利した。 〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください