月バスTOPICS

月バスTOPICS

2018/05/10

【短期連載】倉石平の“スペイン”研修ダイアリー②

 夕方18時半出発でゲームへ向かう。スペインとは学年の感覚が違うためアジャストすることが難しい。1年が9月に始まるというスケジュールの国が多い中、4月頃に始まるのはアジア、しかも東アジア諸国ばかりだ。それよりも半年遅い入学となる。したがってFIBAのルールどおり、1月1日現在の年齢で決めることが一番柔軟なかもしれない。    そしてゲームが始まった。相手のサイズが小さいこともあり、大勝。しかし、問題はたくさんあったように思う。個人のスキルをアップすることに重点を置き、一貫した指導を鑑みると、もっと1対1で相手を突破することに力を注がなければならない。アウトサイドシュートが多い日本対、小柄でも積極的に仕掛けるスペイン。これには考えさせられた。    19時半から夕食。金曜日の夜ということもあり、町は活気付いている感じだった。われわれは再びスペイン料理を食べたが、日本人にとても合うと感じた。だが、若干塩味が強いと今日初めて感じた。 (つづく)   ※バックナンバー 【短期連載】倉石平の“スペイン”研修ダイアリー①   (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください