Bリーグ

Bリーグ

2018/05/28

BリーグB1・B2入替戦は八王子がB2昇格!! 富山が激闘の末、B1残留を決める

 Bリーグ2017-18シーズン最後の試合となったB1・B2入替戦。残留プレーオフで大激戦の末、横浜に惜しくも敗退した富山グラウジーズ(B1)と試合を重ねるごとに進化を遂げている熊本ヴォルターズ(B2)の一戦は、最後の1秒まで目が離せない大接戦となった。  

富山はB1残留

   試合は、富山♯9水戸のスティールから#34ウィラードのレイアップが先制点となると、対する熊本は#1中西、#8ドゥインカーがリング下で着実に得点を重ね、20‐23で熊本が3点リードで1Qを終える。しかし2Q開始直後には、富山#13チャップマンの連続得点で逆転に成功。すると#24大塚も3Pシュートを連続で決め、チームが勢いに乗り出す。一方の熊本も#14ヴァンデンバーグがオフェンスリバウンドからのバスケットカウントで対抗。42‐38の富山4点リードで前半を折り返した。    迎えた後半、富山が#15青木や#81小原がファウルアウトに追い込まれ危機的状況に対面すると、熊本は中西がフリースローを決めじわじわと点差を広げにかかる。それでも富山は#11宇都がトリプルダブル級の活躍を見せ、両者一歩も譲らない展開に。シーソーゲームが続く中、試合時間残り34秒で富山ウィラードの3Pライン付近から放ったシュートが決まり勝負あり。と思われたが、残り6.3秒に熊本#30ウッドベリーが3Pシュートをリングへ沈め、1点差まで詰め寄る。    しかし、最後は宇都がファウルゲームのフリースローを2本とも決めて試合終了。富山が心身ともにタフな試合を制し、B1残留を決めた。熊本・保田HCが「最後の最後までチャンスはあった」と言うように、最後のブザーが鳴るまでどちらへ転ぶか分からない、見ごたえのある試合だった。〈続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください