Wリーグ

Wリーグ

2018/03/18

『Thank you』を形にした日立ハイテクの戦い

 初のプレーオフ進出を達成した日立ハイテクが女王JX-ENEOSに挑んだクォーターファイナル。

 

 試合は、「緊張していましたね。いつもと同じプレーをしていたけれど、やっぱり相手の高さと強さにシュートを躊躇したところもあり、ああいった入りになってしまいました」と、藪内夏美ヘッドコーチが振り返るように、出だしで一気にビハインドを追う。その後はコツコツと得点を返していったものの、最後はJX-ENEOSの総合力の前に屈し、47-80で敗れた。(続きを読む

 


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • zamst FILMISTA
  • 月バスカップ2018試合結果
  • genkido-manga-banner-vol1
  • genkido-manga-banner-vol2
  • side-jx_eneos-banner