NBA

NBA

2018/01/16

NBAのルーキー、ベン・シモンズ(シクサーズ)は1試合平均35.3分出場!

 レギュラーシーズンの約半分が終わったが(1月15日現在)、ルーキーの1試合平均出場時間トップ10を見てみよう。
 
 1位はベン・シモンズの35.3分。ビッグガードとして38試合中全試合でスターターを務め、平均16.9得点、8.2リバウンド、7.3アシストという活躍ぶり。レイカーズのロンゾ・ボールとカイル・クーズマは2人そろって30分以上の出場している。ジェイソン・テイタムはエイブリー・ブラッドリーが抜けた穴を十分に埋め、身体能力抜群のドノバン・ミッチェルはジャズで高いシュート確率で得点を量産中だ。
 
 特に、イースタン・カンファレンス首位のセルティックスで30分以上のチャンスを得ているテイタムは“すばらしい活躍”と言っていいだろう。
出場時間とチームからの信頼度は比例しているだけに、このランキングから現在のルーキー活躍度が浮き彫りになっている。
 
 ちなみに、肩の故障で戦線離脱を余儀なくされドラフト1巡目1位指名のマーケル・フルツ(シクサーズ)は、僅か4試合、平均19.0分に留まっている。
 
【NBA1試合平均出場時間(ルーキー)】トップ10
①ベン・シモンズ(シクサーズ)35.3
②ロンゾ・ボール(レイカーズ)33.9
③カイル・クーズマ(レイカーズ)31.5
④ドノバン・ミッチェル(ジャズ)31.4
⑤ジェイソン・テイタム(セルティックス)31.0
⑥タロン・ウォーレス(クリッパーズ)30.8
⑦ラウリ・マルッカネン(ブルズ)30.1
⑧デニス・スミスJr.(マーベリックス)28.2
⑨ディロン・ブルックス(グリズリーズ)27.2
⑩ディアロン・フォックス(キングス)26.4
 
(月刊バスケットボール)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です