NBA

NBA

2018/01/16

ジェームズ・ハーデン(ロケッツ)が得点ランキングでトップ!

 NBA個人得点ランキングは1月15現在、ジェームズ・ハーデンが唯一30得点台でダントツのトップ。さらに、アシストでも平均9.1とロケッツのオフェンスをコントロールしていることは間違いない。年末から故障で欠場しているが、そろそろ復帰する見込みだ。2位以下は混戦で、豪華なメンバーが並んでいる。50得点挙げたルー・ウィリアムズは17位まで浮上した。
 
 同じチームで2名以上、トップ10に入っているはウォリアーズ(ステフィン・カリー&ケビン・デュラント)とペリカンズ(アンソニー・デイビス&デマーカス・カズンズ)の2チームのみとなっている。
 
【NBA個人得点ランキング】トップ20
①ジェームズ・ハーデン(ロケッツ)32.3
②ヤニス・アデトクンボ(バックス)28.4
③ステフィン・カリー(ウォリアーズ)27.8
④レブロン・ジェームズ(キャバリアーズ)27.1
⑤アンソニー・デイビス(ペリカンズ)26.7
⑥ケビン・デュラント(ウォリアーズ)26.3
⑦デマーカス・カズンズ(ペリカンズ)25.5
⑧デマー・デローザン(ラプターズ)25.4
⑨ラッセル・ウェストブルック(サンダー)25.1
⑩デイミアン・リラード(ブレイザーズ)24.8
⑪デビン・ブッカー(サンズ)24.6
⑫ビクター・オラディポ(ペイサーズ)24.2
⑬カイリー・アービング(セルティックス)24.0
⑭ブラッドリー・ビール(ウィザーズ)23.8
⑮クリスタプス・ポルジンギス(ニックス)23.6
⑯ジョエル・エンビード(シクサーズ)23.5
⑰ルー・ウィリアムズ(クリッパーズ)23.1
⑱ラマーカス・オルドリッジ(スパーズ)22.4
⑲ブレイク・グリフィン(クリッパーズ)22.2
⑳ケンバ・ウォーカー(ホーネッツ)21.8
 
(月刊バスケットボール)


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

  • zamst FILMISTA
  • 月バスカップ2018試合結果
  • genkido-manga-banner-vol1
  • genkido-manga-banner-vol2
  • side-jx_eneos-banner