NBA

NBA

2017/11/24

オクラホマシティー・サンダーがゴールデンステイト・ウォリアーズに108-91で快勝!

   11月22日(日本時間23日)にチェサピーク・エナジー・アリーナで行われたゴールデンステイト・ウォリアーズ対オクラホマシティ・サンダーの対戦は、前半に17点リードしたサンダーが108-91で快勝した。  今シーズン、サンダーはエースのラッセル・ウェストブルックに加えてニューヨーク・ニックスからカーメロ・アンソニー、インディアナ・ペイサーズからポール・ジョージらを補強したが、これまで7勝9敗と苦戦。ウエスタン・カンファレンス8位に甘んじている。ウェストブルック、アンソニー、ジョージと破壊力のあるプレーヤーが揃ったものの“個”が強く、時間帯によって彼らが順番にアイソレーションしているような感じのオフェンスだった。だが、このウォリアーズ戦で一気にまとまったことが快勝につながったようだ。    ウェストブルックは今シーズン自己最多34得点に加えて、10リバウンド、9アシストと“ほぼ”トリプルダブル。アンソニーは22得点、ジョージが20得点、11リバウンド、4スティールでウォリアーズを蹴散らした。また、ビッグマンのスティーブン・アダムズも14得点、12リバンドと奮闘している。  ここまでターンオーバーの多さが目立つウォリアーズは、この試合でも22ターンオーバーで、サンダーにチャンスを献上。サンダーの好ディフェンスがもたらした結果だが、ウォリアーズの課題克服が遅れていることも否めない。    2017-18シーズンは、まだまだ序盤だが、早くもウエスタン・カンファレスの順位争いがし烈になってきたようだ。   写真=石塚康隆 (月刊バスケットボール)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください