ニュース

nba

2017年11月13日

NBAで主力ガード陣のケガが多い理由は、ウォリアーズ?!

 

 先日、ボストン・セルティックスのカイリー・アービングがホームのTDガーデンで行われたシャーロット・ホーネッツ戦の1Qに、チームメイトのアーロン・ベインズの肘を顔面に受けて骨折した。

 

 NBAでは今季、クリス・ポール(ヒューストン・ロケッツ)やアイザイア・トーマス(クリーブランド・キャバリアーズ)、トニー・パーカー(サンアントニオ・スパーズ)、ラジョン・ロンド(ニューオリンズ・ペリカンズ)、ミロシュ・テオドシッチ(ロサンゼルス・クリッパーズ)など、主力のガード陣をケガで欠いている。一概には言えないが、「トランジションゲームの流行が一因」(元日本代表ヘッドコーチ、NBA解説者/倉石平)という見方もある。

 

 ゴールデンステイト・ウォリアーズは昨季、“スプラッシュブラザーズ”のステフィン・カリーとクレイ・トンプソン、移籍で獲得したケビン・デュラントらの活躍でチャンピオンになった。今季もチーム平均120.3得点(11月13日現在)はリーグNo.1で、2位以下を10得点近くも離してダントツだ。平均100得点以下は30チーム中、僅かに4チームで、多くのチームが速い展開で次々と得点していくシーンはファンを大いに楽しませている。

 

 どのチームも『打倒、ウォリアーズ!』で負けず劣らずの速いトランジションでシーズンに挑んでいるが、一番の“しわ寄せ”がガード陣に来ているのかもしれない。スピードに乗ったプレーでガード陣を酷使していることや、速い分、コンタクトにおける衝撃も当然大きい。昨今のトランジションゲームの流行は、多くのチームがリスクを冒して戦っていると言える。

 

 まだシーズンは始まったばかりだが、ガード陣がチーム内でプレータイムをシェアし、プレイオフへ向けて大きなケガがなかったチームが優位に勝利を積み重ねていく可能性が高い。

 

(月刊バスケットボール)

写真=石塚康隆


  1. スプラッシュブザーズ より:

    ウォーリアーズに勝てるチームなんかいねーよ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

nba
   11月8日(日本時間9日)、セルティックスは…の続きを読む
2017/11/10
nba
   2連覇を狙うゴールデンステイト・ウォリアーズ…の続きを読む
2017/11/01
newbook
【お詫びと訂正】 2017-18 SEASON NBA YE…の続きを読む
2017/10/11

最新号
月刊バスケットボール
12月号

【巻頭特集】月バス注目校PICK UP 全国で戦うための独自の武器の作り方インターハイベスト8飛龍高校(フィジカル&1対1で…

  • side-jx_eneos-banner