ニュース

jpn

2017年07月25日

女子アジアカップ第2戦目(vs.韓国)

大会2日目となった女子アジアカップ。日本代表は、韓国と対戦。ここ数年、日本は韓国との対戦では分がいいのですが、やはり“日韓戦”には独特の雰囲気がありますね。その重い空気の中、日本は出だしに気合い十分の韓国に押され気味になりますが、1Q中盤から本来の動きを見せると、最後は70−56で勝利しました。

 

中でも#12吉田亜沙美、#13町田瑠唯、#1藤岡麻菜美選手と3人のポイントガード陣が2人同時に出るツーガードは破壊力抜群でした。そして足を痛めて、大事をとっていた#8髙田真希選手がこの試合から復帰! 本日は、予選ラウンド最終戦、強敵・オーストラリアと対戦します!

 

 

選手入場のシーン

 

韓国のビッグマンにチームディフェンスで対抗

 

チャンスがあればすかさず走ります(#22河村)

 

安定した働きを見せた#52宮澤

 

スピードバスケットを演出した#13町田

 

#8髙田の復帰でさらに日本はパワーアップ!

 

(月刊バスケットボール編集部)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

jpn
アジア地区からは計7チームが出場可能! しかも中国が開催国枠…の続きを読む
2017/11/22
jpn
アジア地区からは計7チームが出場可能! しかも中国が開催国枠…の続きを読む
2017/11/22
jpn
ベスト8入りを逃し アジアの壁を痛感した2009年&2013…の続きを読む
2017/11/21

最新号
月刊バスケットボール
12月号

【巻頭特集】月バス注目校PICK UP 全国で戦うための独自の武器の作り方インターハイベスト8飛龍高校(フィジカル&1対1で…

  • side-jx_eneos-banner