ニュース

student

2015年11月28日

インカレ#6

関東5位から同1位の早稲田大、関西1位の大阪人間科学大に逆転勝利で勝ち上がってきた筑波大。
準決勝で愛知学泉大を#8林のブザービーターで退けた白鷗大。
この2チームの対戦となった決勝は、筑波大#14松本の3Pシュートでスタート。だが前半は白鷗大のディフェンスが機能し、攻撃でも#4馬が奮闘する。
一方筑波大は白鷗大のディフェンスに苦しみながらも、松本が会場を沸かせるなど、離されても食らい付くという展開。後半も#8林の3Pシュートを皮切りに、白鷗大が得点を重ねる。しかし、「リーグ戦が終わってから口を酸っぱくして言ってきた」と筑波大・大高監督が言う、リバウンドで筑波大が徐々に主導権を手繰り寄せる。#9渡邊の3Pシュート、#8谷村の体を張ったゴール下に、#4藤岡の連続ドライブで逆転に成功!
白鷗大も#14板谷のドライブやフリースローで追いかけるものの、勝負どころでミスが出てしまう。3点差で迎えた最後の攻撃は、林が3Pシュートを放つも決まらず試合終了。厳しい試合を勝ち抜いてきた筑波大が栄冠を手にした!

◯筑波大67−64白鷗大●

 

_MG_2513

筑波大#4藤岡は大会前も含め、この4年間ケガや体調不良に苦しんだ。だが今日の決勝で最も輝いたのは間違いなく藤岡。幾度となく会場を沸かせ、MVPにふさわしい活躍!

 

_MG_4289

筑波大優勝の瞬間。大会に入りチーム力がぐんぐん上がったチームは、ついに日本一に輝いた。

_MG_4047

4年間、白鷗大のインサイドを支えた#4馬。今年も優勝には届かなかったが、「仲間に恵まれました。本当にいい4年間でした」とコメント。

_MG_3914

終盤積極的にドライブを仕掛けた白鷗大#14板谷とそれを止める筑波大の選手。まさに死闘だった。

 

◯大阪人間科学大89−59愛知学泉大●
3位決定戦は愛知学泉大が序盤に流れをつかんだが、#6大城(写真)を中心にバランスの良い攻撃を展開し大阪人間科学大が勝利。大会前に負傷した#4岡もコートに立ち、7年間ともに歩んできた岡、#5北村、大城、#7中川を含め、チーム全員が涙した。
0036

 

 

 

0416
高さはないが、体を張ったインサイドで下級生を引っ張った愛知学泉大#4髙木。毎試合厳しい戦いが続いたが、ケガ人がいた中でベスト4まで進んだのは見事。

 

■女子最終結果

優勝 筑波大
準決勝 白鷗大
3位 大阪人間科学大
4位 愛知学泉大
5位 早稲田大
6位 東京医療保健大
7位 拓殖大
8位 東海大九州

■個人賞
MVP 藤岡麻菜美(筑波大#4)
敢闘賞 馬伊娜(白鷗大#4)
優秀選手賞 谷村里佳(筑波大#8)
ああああああ松本愛美(筑波大#14)
ああああああ林咲希(白鷗大#8)
ああああああ北村悠貴(大阪人間科学大#5)
ああああああ髙木優里(愛知学泉大#4)
得点王 馬伊娜(白鷗大#4)
3ポイント王 渡邊愛加(筑波大#9)
アシスト王 藤岡麻菜美(筑波大#4)
リバウンド王 谷村里佳(筑波大#8)

 

男子は関東4チームが勝ち進み、昨年同様東海大と筑波大が決勝に進んだ。昨年の大会で負けた東海大、今年に関東トーナメントとリーグ戦で連敗している筑波大。
どちらがリベンジに成功するか。激しい試合になることが予想され、真の王者がついに決まる。

 

_MG_5299

◯筑波大76−66拓殖大●
立ち上がりに成功した筑波大が拓殖大の猛攻を振り切り勝利。厳しいディフェンスから#6馬場(写真)の速攻や#46生原の外角シュート、#17杉浦、#92村越のインサイドで20点以上のリードを広げる。だが拓殖大のオールコートプレスが成功し、1桁差まで詰めるもここまでが精一杯だった。

_MG_6395
終盤の追い上げの立て役者で、何度も会場を沸かせた拓殖大#0岡本。ブザーとともに大粒の涙を流したが、すばらしいプレイを見せてくた。

 

_MG_6911
◯東海大70−51青山学院大●
ロースコアの締まった展開を抜け出したのは東海大。立ち上がり、東海大は2得点しか挙げられなかったが、ディフェンスと#1小島、#21橋本の活躍で立て直す。青山学院大は#24安藤が要所で外角シュートを沈めたが、厳しいディフェンスと要所で#0ベンドラメ(写真)の活躍が光り東海大が逃げ切った。

_MG_6947
青山学院大は関東リーグ戦で失点が最小。この試合でも東海大を苦しめた。

_MG_7596
青山学院大のシューター#24安藤。得点源として青山学院大を引っ張った。

 

◆本日の試合結果、明日の試合予定はこちら

 

(月刊バスケットボール編集部)


関連記事

student
■男子準決勝 ■女子準決勝…の続きを読む
2017/08/02
student
■男子準々決勝   ■女子準々決勝…の続きを読む
2017/08/01
blog
南東北インターハイは大会4日目。男女の各8チームがあづま総合…の続きを読む
2017/08/01

最新号
月刊バスケットボール
9月号

【巻頭特集】B.LEAGUEファイナル初年度王者を決める魂の熱戦 優勝クラブ特集栃木ブレックス“BREX NATION”でつかんだ初代王者の称号…

  • side-jx_eneos-banner