ニュース

student

2015年11月27日

インカレ#5

大接戦となった女子準決勝を制したのは白鷗大と筑波大!
白鷗大は#8林のブザービーターで、筑波大は前日に続き逆転で勝利。筑波大は6年ぶり、白鷗大は初優勝を目指し明日の決勝を戦う。
リーグ戦は白鷗大の2勝となっているが、筑波大はここまで勝ち上がってきた勢いと強固なチーム力を武器にリベンジを狙う。
男子は東海大、青山学院大、筑波大、拓殖大の関東4強が順当に勝ち上がった。各チームの選手たちは好調さをキープし、ここからはリーグ戦の順位は関係のない、激しい戦いが繰り広げられる。

 

15incolle_2014
◯白鷗大62−61愛知学泉大●
立ち上がりは愛知学泉大が#4髙木(写真)と#7内堀の活躍で主導権を握るも、中盤はディフェンスとリバウンドで白鷗大が逆転に成功する。攻撃でも軸となる#4馬、#8林が得点し、白鷗大の理想の試合を展開する。
だが愛知学泉大も3Qの終盤からオールコートプレスを仕掛け、白鷗大のミスを誘い出す。#4髙木のインサイド、#16モニィークのドライブで追い上げ、白鷗大は#4馬へのパスでミスを連発。愛知学泉大1点ビハインドで迎えた残り6秒、#7内堀はバスケットカウントでドライブを決め、61−60で愛知学泉大がリード。そして白鷗大の最後のオフェンス、#4馬と#8林のビック&ロールから林がミドルシュートを放ち、これがブザービーターに。劇的な形で白鷗大が2年連続で決勝に駒を進めた。

15incolle_2272
白鷗大#8林のラストショット。難しい体勢であったが「離れた瞬間に入ると思いました」と佐藤監督。逆転された後に佐藤監督の頭の中に描いていたプレイを、選手たちが見事実行した。

 

15incolle_3104

◯筑波大82−75大阪人間科学大●
筑波大と大阪人間科学大の対戦は、大阪人間科学大が#5北村のオールラウンドな活躍もあり、序盤リードを得る。さらに#6大城(写真)、#12田中の外角シュートでじわりとリードを広げる。筑波大はイージーシュートで反撃のきっかけをつかめない中、#14松本が1対1で、#8谷村がリバウンド奮闘。すると4Q、#4藤岡を起点に2対2や藤岡自身のミドルシュートで差を縮めると#14松本の1対1で逆転。勝負どころでミスが出た大阪人間科学大を尻目に、#8谷村のゴール下などで勝負を決めた。前回優勝した2009年以来、決勝に進出した。

 

15incolle_2628
こぼれ球をことごとく繋いだのは#8谷村。ゴール下を制圧した谷村の活躍に、大高監督も目を細めた。

 

15incolle_4633
◯74青山学院大−明治大61●
青山学院大はリーグ戦で連敗を喫していた明治大にここで勝利。前半はビハインドも、後半で「うちが日本一のだという自信があります」というディフェンスで明治大を圧倒。#14柏倉や#24安藤(写真)などバランスの良い攻撃で得点を重ねた。

 

15incolle_5474
◯筑波大92−59専修大●
#24田代の1対1などで筑波大に食らい付いた専修大だったが、後半にミスから崩れ大差で敗戦。筑波大はディフェンスから速攻という得意の流れを作り、#6馬場が躍動した。またハーフコートでは#17杉浦が力強さを見せ、2年生コンビの活躍が光った。#2満田(写真)も思い切りの良いプレイを見せた。

 

15incolle_6895
◯拓殖大93−73近畿大●
拓殖大#23バンバ、近畿大#22ソウのセネガル人留学生の対決に注目が集まった一戦。バンバが普段どおりの活躍ができず、前半は苦戦した拓殖大だったが、#39成田、#99赤石の外角シュートで近畿大を突き放した。バンバ(26得点)もドライブや難しい体勢からのミドルシュートで魅せ、ソウ(10得点)を圧倒した。

 

15incolle_7215
◯東海大69−48国士舘大●
外角シュートが決まらず苦戦を強いられた東海大だが、2Qでディフェンスから立て直し逃げ切った。#0ベンドラメが攻防で存在感を見せ、貫禄の勝利。国士舘大は#22原、#32臼井が奮闘したが、東海大の牙城を崩すことはできなかった。東海大は#1小島(写真)ら控え選手の安定感がウリ。

◆本日の試合結果と明日の予定はこちら

(月刊バスケットボール編集部)


関連記事

blog
大会最終日。 男子の3位決定戦と決勝が行われた東京体育館には…の続きを読む
2016/12/29
blog
多くの熱戦が繰り広げられたウインターカップもいよいよ最終日。…の続きを読む
2016/12/29
blog
大会6日目となった28日は、女子の最終日。   大…の続きを読む
2016/12/28
  • gear-catalog-banner

最新号
月刊バスケットボール
5月号

今月の巻頭特集は、2017年の高校界をサキドリ!「高校界のブレイク候補」と題し、各チームの新たなエースを男女各20名紹介しています。また、2016年にバスケット界を…

  • side-jx_eneos-banner