ニュース

student

2015年11月19日

11月23日よりインカレ開幕!

11月23日から29日までの日程で、いよいよ全日本大学選手権大会(インカレ)が始まる。
各地区、今年の4月から本格的なシーズンが始まり、このインカレは現チームの集大成。
どのチームも4年生が意地を見せられるかに注目が集まる。

A I

 

関東男子MVPのベンドラメ(左・東海大)と関根(早稲田大)

 

その中で男子は東海大を中心に大会が展開されさそうだ。
関東トーナメント、関東リーグ戦の2冠を達成し、#0ベンドラメ礼生ら布陣は盤石。
昨年はトーナメント、リーグ戦で全勝優勝を達成しながら、インカレでは歯車がかみ合わず決勝で筑波大に惜敗。
それだけに今年は気の緩みが一切ない。
東海大を追うのは関東2位の拓殖大、同3位の筑波大。
また青山学院大、専修大、関西1位の近畿大も3強を崩す強さを秘めている。

一方女子は早稲田大、白鴎大、大阪人間科学大、東京医療保健大が優勝候補に挙げられる。
選手層の厚さを生かした総合力(早稲田大)、#4馬伊娜、#8林咲希の得点力(白鴎大)、高校から磨かれた連携(大阪人間科学大)、相手の良さを消す成熟したバスケット(東京医療保健大)と特長は様々。
その中で、大舞台でいかにして自分たちのバスケットができるかがカギを握る。
加えて、筑波大や奈良学園大、大阪体大がここに割って入ってきそうだ。

男子組み合わせ

女子組み合わせ


関連記事

blog
大会最終日。 男子の3位決定戦と決勝が行われた東京体育館には…の続きを読む
2016/12/29
blog
多くの熱戦が繰り広げられたウインターカップもいよいよ最終日。…の続きを読む
2016/12/29
blog
大会6日目となった28日は、女子の最終日。   大…の続きを読む
2016/12/28
  • gear-catalog-banner

最新号
月刊バスケットボール
5月号

今月の巻頭特集は、2017年の高校界をサキドリ!「高校界のブレイク候補」と題し、各チームの新たなエースを男女各20名紹介しています。また、2016年にバスケット界を…

  • side-jx_eneos-banner