ニュース

blog

2015年08月25日

【岩手全中記者の目】“100%負けゲーム”を覆したもの

最後の最後まで食らい付く・・・そんな粘りが、絶体絶命の状況から勝利を引き寄せることもある。決勝トーナメント1、2回戦が行われた大会2日目は、劇的な試合が男女ともに多く見られた1日だった。

 

中でも愛知県2位、東海地区2位で大会に臨んだ長良中は、数々の熱戦を演じての全国ベスト4入り。昨日の予選リーグでも、1位通過を懸けて四国1位の勝山中とクロスゲームを繰り広げたが(結果的に52-48で振り切った)、今日の2試合はそれ以上に熱戦だった。

 

15zenchu_7844

 

決勝トーナメント1回戦は、東北2位の山形六中と対戦。一時10点以上のリードを開いていたが、後半追い上げられて逆転を許す。なかなか追い付けずに、試合終盤で2点ビハインドと、苦しい状況だった。だが残り6秒、ボールをうまく回して、「いつもどおり打てました」という⑥飯田が値千金の3Pシュートに成功。土壇場で再逆転し、46−45で2回戦へと進出する。

 

続く2回戦は、北海道1位の東月寒中と対戦。今度も終始競り合いとなったが、同点で迎えた4Q残り53秒、先ほど決勝点を決めた飯田がまたしても大事な3Pを決め、3点リードに成功した。しかし東月寒中も⑤大原の得点で譲らず、試合はオーバータイムに持ち込まれる。

 

延長戦では、残り1分半で5点ビハインドと、1回戦と同様にかなり苦しい劣勢だった。それでも諦めずに、④田中の得点、⑧江坂のバスケットカウントで同点に追い付く。そのまま再延長に持ち込まれるかと思われたが、残り5秒、キャプテンの田中が勝ち越しのジャンプシュートに成功。劇的な展開で、逆転勝利を収めたのだった。

 

15zenchu_7889

 

敗れた東月寒中の宮川コーチは、試合後大泣きする選手たちを少し離れたところで眺めながら、悔しそうに言葉を紡いだ。「相手が嫌がるくらい、走って走って戦うスタイルは出せたと思います。ただ、勝利にあと1歩届かなかったということは、ボールへの執着心、勝利への執念が、ほんの少し足りなかったのかもしれません」

 

また、長良中の安藤コーチは、決勝トーナメント1回戦の後でこうコメントしている。「100%、負けゲームでした。でも、リバウンドとルーズボールをとにかく頑張って、何とかつないでつないで戦っていたので、神様が見捨てないでくれたのかなと思います」

 

苦しい状況でも、最後の最後で勝利の女神を微笑ませたもの。それは決死のボールへの執着心、そして執念で決めた勝負強いシュートだった。

 

(月刊バスケットボール編集部)

 


関連記事

blog
大会最終日。 男子の3位決定戦と決勝が行われた東京体育館には…の続きを読む
2016/12/29
blog
多くの熱戦が繰り広げられたウインターカップもいよいよ最終日。…の続きを読む
2016/12/29
blog
大会6日目となった28日は、女子の最終日。   大…の続きを読む
2016/12/28
  • gear-catalog-banner

最新号
月刊バスケットボール
5月号

今月の巻頭特集は、2017年の高校界をサキドリ!「高校界のブレイク候補」と題し、各チームの新たなエースを男女各20名紹介しています。また、2016年にバスケット界を…

  • side-jx_eneos-banner