NBA

NBA

2019/02/28

直撃インタビュー/渡邊雄太


「すべてはN B Aで飛躍するために」



NBAのコートに立つ機会も増えた渡邊雄太。2月7日のサンダー戦では自己最多となる10得点も記録するなど、存在感を大きくしてきている。シーズン終盤に向け、NBAでの本契約を目指す渡邊の現在の環境、心境について直撃した。
取材・柴田 健/写真・岡田 健


Yuta Watanabe

渡邊雄太(わたなべゆうた) メンフィス・グリズリーズ/ハッスル
フォワード 206cm / 93kg 。 1994年10月13日生まれ。 香川県出身。
2018-19シーズンよりメンフィス・グリズリーズと2ウェイ契約。傘下のGリーグ、ハッスルでプレーしつつ、NBAグリズリーズでも出場機会を得る








ついにNBAで2ケタ得点を記録


―2月7日のオクラホマシティ・サンダー戦では、10得点を決めました。スティールからの速攻は、難しいレイアップだったのではないでしょうか。

「そうですね。少し浮かせる感じで のレイアップでした。とにかくNBAではブロックショットがすごいので、レイアップは枠の上から落とせって教えられています。そうした練習の成果ですね」

―その後、ポール・ジョージからはブロックの際にファウルをもらいましたね。

「あのプレーはラッキーな部分もありました。ボールが先にブロックされて、その後、体がコンタクトしてもらったフリースローでしたから。 体の強さはまだまだですね」 〈続きを読む


あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください