ニュース

league

2017年05月25日

Bリーグチャンピオンシップファイナル展望

いよいよ5月27日(土)に国立代々木競技場第一体育館で行われるBリーグファイナル。
対戦カードは川崎(全体1位)と栃木(同2位)となった。
あと2日に迫った運命の決戦を3つの視点から解いていこう。

【CS絶好調の篠山を止めるのは?】

チャンピオンシップに入って絶好調なのが、川崎#7篠山だ。
レギュラーシーズンの平均得点は7.5だったが、「後半戦は点を取っていきたい」と話していたように、2桁得点が増え、その意識の高さがこのCSで実を結ぶことに。
クォーターファイナル(QF)、セミファイナル(SF)の平均得点は19.2得点(SFの第3戦は40分間換算)とジャンプアップしたのだ。
栃木#0田臥も篠山を警戒しており、QFで対戦した千葉#2富樫のように本来は2番ポジションである#9遠藤、#11須田が篠山にマッチアップする可能性も。
栃木が篠山に対し、どのような策で止めにかかるか注目したい。

 

【控え選手の出来】

ここまで勝ち上がってくるクラブだからこそ、控え選手の存在感も大きい。
川崎で言えば、今シーズンは#0藤井が好調で、篠山と2ガードを組む時間帯もあり、しつこいディフェンスとスピードのある2人の存在は相手にとって脅威だ。
また後半に入り、#11野本がディフェンス、リバウンドでチームに貢献しているのは大きなプラスに。
その他#9栗原、#43永吉とディフェンスに精を出す選手をそろえている。
対して栃木はシュート力のある元気印#13渡邊、思い切りの良い攻防を見せる#11須田、大型フォワードの#27熊谷、驚異的なフィジカルでインサイドで得点を稼ぐ#4ギブスと攻防で計算できる選手が多い。
特にこの4選手にはゲームの流れを変えられる攻撃力があり、終盤でも安心してコートに送り出せることが強み。
控え選手で言えば、ディフェンスの川崎、オフェンスの栃木という構図になるだろう。

 

【“逆転の栃木”その神通力はファイナルでも発揮できるか?】

このCSにおいて、栃木は2度も形勢を逆転し、シリーズをモノにしている実績がある。
QF第2戦、ターンオーバーから千葉に連続得点を許し、2Qが始まって、13-35と22点のビハインドを負ってしまう。
だが、ディフェンスから徐々に千葉の攻撃のリズムを崩し、須田、古川、ロシターの得点、そしてホームのファンの声援が選手を後押しし、4Qには逆転に成功。
そのまま逃げ切ったのだ。
そしてSF第2戦も、3Q終了時に背負ったビハインドは19点。
しかしここで控え選手が奮起し、熊谷の7連続得点などで一時逆転に成功。
この試合では敗れたものの、栃木のスタートがベンチに退いていた間に、三河の#6比江島、#14金丸の出場時間が伸び、体力を削ったことで、第3戦の勝利をもたらした。
ファイナルの舞台・代々木第一体育館は中立地とはいえ、熱狂的な栃木ファンが会場を埋めつくすことが予想される。
これまで同様、そのファンの声援を一身に受け、栃木は勢いに乗ることができるか?

泣いても笑ってもファイナルは1試合のみ。
勝利の女神はいったいどちらに微笑むのか?

なおファイナルはフジテレビ系列の地上波を含め、スポナビライブ(インターネット配信)、スカパー!Bリーグセット(FOXスポーツ&エンターテイメント、J SPORTS(衛星放送)、NHK(BS-1)でも観戦可能だ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

league
クラブ最古参は攻防両面で活躍するコンボガード/道原紀晃 筋骨…の続きを読む
2017/10/24
league
筋骨隆々の肉体と自慢のスピードでインパクトを放つ小兵/岡本飛…の続きを読む
2017/10/23
league
  ホーム初戦を横浜文化体育館で戦った横浜にとって…の続きを読む
2017/10/21

最新号
月刊バスケットボール
11月号

【巻頭特集】インターハイ優勝校特集 日本一になるための練習法&環境 福岡大附大濠高、岐阜女高 B.LEAGUE2017‐18シーズン…

  • side-jx_eneos-banner