ニュース

league

2017年05月23日

5.27の舞台に立つのは川崎と栃木! いよいよBリーグは最終章へ

Bリーグ初年度のファイナルの舞台に立つのはいったいどこだ――。
5月19日〜21日にBリーグチャンピオンシップ(CS)のセミファイナル(SF)が行われ、会場となった川崎市とどろきアリーナとブレックスアリーナ宇都宮では白熱した試合が展開された。


19、20日に実施された川崎vsA東京は、初戦でCSに入って好調の#7篠山が23得点を挙げる活躍で攻撃を引っ張り、84-76で勝利。
しかし翌日の第2戦はA東京が意地を見せる。
序盤からきっ抗した展開となり、川崎は#7篠山、#22ファジーカス、A東京は#24田中や#2ギャレットが得点を重ねる。終盤にはギャレットと#23エアーズが3Pシュートを集め、78-77で接戦を制し、勝負の行方は第2戦直後の第3戦(前後半5分)に持ち越された。
その第3戦で強さを発揮したのは川崎だった。
ファジーカス、#12スパングラーの2枚看板が26得点中22得点を記録し、川崎がファイナルに駒を進めた。

川崎の対戦相手を決める、栃木vs三河は20,21日に開催された。
初戦は栃木が堅いディフェンスとバランスの良いオフェンスで、先勝する。
第2戦、後がない三河は#6比江島、#14金丸の両翼が大活躍。
一方栃木は第3Q終了時に19点のビハインドを負うが、#13渡邉、#24ブレントン、#27熊谷の活躍で猛追。
それでも三河が65-63で逃げ切り、こちらも第3戦に突入することに。

勝てばファイナルとなる第3戦、先に主導権を握ったのは三河だった。
ここでも金丸が難しい体勢からシュートを決め、#21エドワーズが速攻でダンクをたたき込むなど、残り30秒で14-12で三河リードと、栃木にとっては苦しい展開に。
だが、栃木は諦めていなかった。
三河の判断ミスに乗じ、#9遠藤の速攻で14-14の同点に。
そして残り5秒で迎えた最後の攻撃、セットプレイから#32ロシターがシュートをねじ込み、14-12で栃木が劇的な勝利を挙げた。

「『俺にボールをくれ』と言った」とロシターは試合後に明かした。
そして#0田臥もファンに向けて、「このホームコートで戦えたことが勝てた要因でした。(ファイナルは)チーム全員、そして皆さんと一緒に挑みたいと思います」と言い、会場を盛り上げた。

これで5月27日(土)に国立代々木競技場第一体育館で行われるファイナルは、川崎と栃木の対戦となった。

なおファイナルはフジテレビ系列の地上波を含め、スポナビライブ(インターネット配信)、スカパー!Bリーグセット(FOXスポーツ&エンターテイメント、J SPORTS(衛星放送)、NHK(BS-1)でも観戦可能。
日本バスケットの歴史が変わった年の締めくくり、後世に語り継がれる最後の瞬間の証人になろう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

league
   Wリーグは、第19回Wリーグ(2018-19…の続きを読む
2017/11/22
league
 11月18日の試合で島根に72‐62で勝利し、6連勝を達成…の続きを読む
2017/11/18
league
     11月15日、アルバルク東京は…の続きを読む
2017/11/16

最新号
月刊バスケットボール
12月号

【巻頭特集】月バス注目校PICK UP 全国で戦うための独自の武器の作り方インターハイベスト8飛龍高校(フィジカル&1対1で…

  • side-jx_eneos-banner