ニュース

jpn

2015年08月7日

2019FIBAワールドカップは中国で開催!

8月7日、東京開催されているFIBAセントラルボード(中央委員会)で2019年のFIBAワールドカップの開催地を決めるプレゼンテーションが行われた。

 

中国とフィリピンの間で行われたプレゼンテーションでは、各国の関係者が登壇。その中で中国は元NBA選手でスーパースターであるヤオ・ミンが、またフィリピンはプロボクサーであり国民的英雄でもあるマニー・パッキャがそれぞれ母国のアピールをした。

 

fiba

左がヤオ・ミン、右がパッキャオ 

 

そして、プレゼンの数時間後、開催国が決定--。

 

2019FIBAワールドカップは中国で開催することとなった。

 

なお、アジア開催は2006年の日本開催以来となる。

 

また、2019年の大会から参加国が24から32か国に増え、予選の方式も変更。出場枠はアジアとオセアニア大陸から7か国となっており、そこに開催国の中国が加わるため、合計8か国となる。

 

2020年に東京オリンピックを控える日本。是が非でも2019FIBAワールドカップに出場し、日本のバスケットをアピールしたいところだ。

 

IMG_1047
開催が決まって取材を受けるヤオミン

(月刊バスケットボール編集部)


関連記事

jpn
4月よりトム・ホーバスヘッドコーチ体制で始動する女子日本代表…の続きを読む
2017/03/24
jpn
昨年のリオデジャネイロ・オリンピックでベスト8となった女子日…の続きを読む
2017/01/23
%e6%9c%aa%e5%88%86%e9%a1%9e
7月4日から、いよいよ男子のリオデジャネイロ・オリンピック世…の続きを読む
2016/07/04
  • gear-catalog-banner

最新号
月刊バスケットボール
5月号

今月の巻頭特集は、2017年の高校界をサキドリ!「高校界のブレイク候補」と題し、各チームの新たなエースを男女各20名紹介しています。また、2016年にバスケット界を…

  • side-jx_eneos-banner