月バスTOPICS

月バスTOPICS

2019/02/06

今週の逸足『JORDAN series』

  『AJ5』1990年5月14日 「Your Sneakers or Your Life(スニーカーか、命か)」    1990年5月14日号の「スポーツイラストレーテッド」誌は、ジョーダンにとってショッキングなものだった。それまで何度も自身の華麗なプレーが彩ってきたその表紙には、右手に銃を、左手にAJ5を握ったアフリカ系と思しき少年の手元が描かれていた。  メリーランド州では15歳の少年が、数週間前に115ドルで購入したばかりのAJを強奪され、裸足の絞殺体で発見された。犯人は被害者と同じバスケ部に所属する17歳の少年(※)だった。ヒューストンでもやはり16歳の少年が、ギャングにAJを差し出すことを拒否し射殺された。「Your Sneakers or Your Life(スニーカーか、命か)」と題されたこのカバー特集では、全米でこうした犯罪が多発する一方で、ドラッグの売人が新しいジャケットやスニーカーを次々と買い替え、子どもたちの間でトレンドセッターとなっている現実が描かれていた。    「ドラッグの売人の稼ぎが僕の収入になっているんだとしたら、AJなんて売らないほうがいい」。ジョーダンは泣きそうな顔でインタビュアーにつぶやいたという。  この年、ブルズはピストンズの壁に2年連続で阻まれるが、ジョーダン個人のパフォーマンスはピークを迎えつつあった。“殺人事件が起こるほどの人気スニーカー”を報じたこの記事は、皮肉にもジョーダンとAJの人気を世界中に広く知らしめる役割を果たした。  ※犯人はのちに釈放されたが、その後さらに3人の命(それも少年少女ばかり)を奪って再び収監されている。現在では最初の殺人も「シューズ欲しさ」ではなかった、との見方が有力だ。事実、奪ったAJ4は彼の足のサイズには合わなかった。 続きを読む

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください