NBA

NBA

2018/01/30

ブレイク・グリフィンがデトロイト・ピストンズへトレード!

 クリス・ポールが移籍したロサンゼルス・クリッパーズを支えたブレイク・グリフィンがデトロイト・ピストンズへトレードとなった。    クリッパーズはグリフィンのほかに、ピストンズへブライス・ジョンソンとウィリー・リードを放出。一方のピストンズはスターターを務めるトバイアス・ハリスとエイブリー・ブラッドリー、セルビア出身のビッグマン(221㎝)であるボバン・マリヤノビッチ、さらにドラフト1巡目指名権、2巡目指名権をクリッパーズへ。    今シーズン、1試合平均22.6得点、7.9リバウンドの数字を残しているグリフィンは、ピストンズの大黒柱アンドレ・ドラモンドという強力なPFとセンターが手を組むことになった。    イースタン・カンファレンス9位のピストンズ、ウエスタン・カンファレンス9位のクリッパーズと、両チームともにプレーオフ進出の当落戦上にいるが、このトレードで“得をした”のはどちらのチームになるのか。   (月刊バスケットボール編集部)

あなたはどう思う?コメント書く

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください